フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    1: 2017/01/03(火) 16:18:46.83 ID:CAP_USER9
    昨シーズン(2015-2016シーズン)、初出場でフィギュアスケート世界ジュニアを制覇した本田真凜(まりん)の注目度がさらに上昇している。JALとスポンサー契約して話題になるなど、2017年期待の女子アスリートのひとりだ。

    12月25日まで開催されていた全日本フィギュアスケート選手権でも15歳の笑顔が思い切り弾けた。

    * * *

    実は今シーズン、本田は大きな悔しさを味わっていた。「勝って当然」というプレッシャーに苦しみながらジュニアグランプリシリーズに出場して上位に入り、なんとか12月上旬のジュニアグランプリファイナルに進出したものの、開催地のフランス・マルセイユ到着後、インフルエンザと診断されて欠場。優勝どころか戦うこともできなかったのだ。

    「ファイナルに出られなかった分、全日本は絶対に出たいと思っていました。(2017年3月の)世界ジュニアへの思いも強くなって、(上位に入って)出場の切符をとることが目標だったから緊張はしたけど、プレッシャーにはならなくて、すごく楽しくてワクワクした気持ちでできました」

    その結果、24日のショートプログラムをノーミスで滑って67・52点を獲得し、宮原知子(さとこ)と本郷理華、樋口新葉(わかば)に次ぐ4位で発進。

    「緊張したけど、滑る前に(コーチの)濱田先生から『(体調が快復してスケートリンクに)戻って来られてよかったね』と言われて気持ちが楽になりました。ファイナルを欠場してから、スケートが好きなんだということをあらためて思いましたし、試合に出られる幸せを感じながら滑ることができました」

    翌日のフリーは最終グループの1番滑走。重圧のかかる場面だった。本田はふたつ目のジャンプだった3回転フリップが1回転になるミスをしたものの「今回はミスをしてもそれを引きずらないようにするのが大きな目標だったので、目の前のジャンプのひとつひとつに最後まで心を込めて跳んだ」と言う通り、その後のジャンプは確実に成功。128・59点となる粘りの演技をして、合計196・11点で4位となり、2017年3月の世界ジュニアに向けて弾みとなる結果だった。

    TVドラマなどで活躍する子役の本田望結(みゆ)の姉としても注目されている本田は、表現力の豊かさでジュニアの下のカテゴリーであるノービス時代から注目されていた。「どんな習い事に行ってもすぐにできるようになった」という天才肌で、自分でも「努力するのは得意ではない」と言い切るほどだ。

    兄の太一、妹の望結と紗来もフィギュアスケートをする環境で、「妹たちは『真凜はすごい!』と憧れてくれるので、それに応える恥ずかしくない演技をしなければいけないと思っています」と、妹思いの一面もある。

    そんな本田がもっと上のレベルを目指すようになったのは、昨シーズンの2015-2016シーズンのこと。ジュニアグランプリシリーズで2位と1位になってファイナルに進出すると、ロシア勢に次いで3位表彰台を獲得。そして「初めて練習を頑張った」という2016年3月の世界ジュニアでは、その時点の自己最高の合計192・98点で見事、優勝した。

    「どのくらい通用するかな」と無欲で臨んだ世界ジュニアで優勝し、本田の心の中に「また優勝したい」「今度は優勝候補として大会に出たい」という思いが芽生えてきた。だが今シーズン(2016-2017シーズン)は周りから「勝って当然と」と思われる状況で出場することになり、緊張し過ぎて力を出せない試合が続いていた。


    >>2以降に続きます


    2017年01月03日
    http://wpb.shueisha.co.jp/2017/01/03/77713/
    no title

    【【スケート】かわいすぎる話題の15歳フィギュアスケーター、本田真凜は再び世界女王を目指す】の続きを読む

    このページのトップヘ