フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    2016年12月

    31868638

    1: 2016/12/24(土) 20:33:27.40 ID:CAP_USER9
    ◆羽生結弦、全日本欠場でファンがささやく「年末鬼門」説

    12月21日、フィギュアスケートの羽生結弦選手が、インフルエンザのため、全日本フィギュアスケート選手権を欠場することが発表された。
    世界のエースである羽生選手の欠場に、ネット上ではフィギュアファンから失意のコメントが多数寄せられている。

    「男子シングルの選手にとっては表彰台が1つ空き、チャンスが増えたと思っているかもしれませんが、
    視聴率にも影響するでしょうからテレビ関係者はショックでしょうね。
    今季は村上大介選手もケガが原因で出場権が得られず、宇野昌磨選手のライバルで今季シニアデビューと注目だった山本草太選手も骨折。
    男子は宇野選手以外、華となるスター選手がいないため盛り上がりに欠け、ファンは確実に羽生ロスを味わうでしょうね」(スポーツ紙記者)

    そんな羽生ロスを憂うファンの間でささやかれているのが「年末鬼門」説だ。

    「羽生選手は年末にトラブルに見舞われることが多いんです。
    14年は年末に尿膜管遺残症のため手術を受けています。
    15年は、後に療養をすることになるリスフラン関節靭帯損傷の症状に苦しみながらの試合で、
    12月の全日本の時にはすでに足に故障があったといいます。そして今季はインフルエンザ。
    近年、12月は万全の態勢で臨めていないのです」(前出・スポーツ紙記者)

    どんな苦境でも不死鳥のようによみがえってきた羽生選手。

    (▼続きは以下のURLでご覧下さい)

    アサジョ 2016.12.24 18:15
    http://dailynewsonline.jp/article/1249113/

    【【フィギュア】羽生結弦、全日本欠場でファンがささやく「年末鬼門」説】の続きを読む

    b0038294_1214040

    1: 2016/12/29(木) 00:59:56.04 ID:CAP_USER9
     日本スケート連盟の小林芳子・強化本部長は26日、全日本を自己ワースト12位で終戦した五輪メダリストの浅田真央(26)=中京大=に対し、平昌五輪へ向けたサポートを約束した。

     「コンディションづくりもしっかりしたルーチンがあるので、信じている。彼女が来年も演技を、現役を続けてくれるならサポートしますし、それ(その姿)が若い選手(への刺激)にもつながる」と来季の復活を期待。
    若手への手本となる存在であることも強調し「彼女が平昌に向かってまい進していくのも、しっかりサポートしたい」とバックアップの構えだ。

     平昌五輪の選考方法は来夏に決まる。ソチ五輪を例に挙げると、GPファイナルへ進むか、全日本選手権での表彰台などの条件が必要になってくる。
    今大会で表彰台を逃し、来年の全日本選手権のシードを獲得できなかった真央は中部選手権、西日本選手権の突破が必要だが、GPシリーズなどのISU公認の国際大会に出場する場合は、その前後1週間の地方大会が免除される。

    http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20161227-OHT1T50019.html

    【【フィギュア】スケート連盟、全日本12位・浅田真央に対し平昌五輪へ向けたサポートを約束】の続きを読む

    img380

    1: 2016/12/28(水) 20:41:07.79 ID:CAP_USER9
     「KBS WORLD Radio」など複数の韓国メディアは、フィギュアスケート女子ソチ五輪金メダリストのアデリナ・ソトニコワ(ロシア)に禁止薬物使用の疑いがあり、同銀メダリストのキム・ヨナが金メダルに繰り上がる可能性があると28日までに報じた。

     ロシアメディアの「DNI」が今月9日に世界ドーピング機関(WADA)のロシアの国家ぐるみのドーピングを指摘した最終報告書の選手名簿の中にソトニコワの名前があったと報じており、同選手の尿サンプルが毀損された痕跡があったという。

     国際オリンピック委員会は現在、選手名は明かしていないが、ソチ五輪に出場したロシア選手28人をドーピングの疑いで調査している。「KBS-」は「こうした疑惑が事実と判明し、ソトニコワ選手の金メダルが剥奪されれば、ソチ五輪で銀メダルのキム・ヨナ選手が金メダルを獲得すると見られる」と、説明した。

     スポーツ紙「スポーツソウル」の電子版は「女子フィギュアの連覇はカタリナ・ビット(ドイツ)以来で、キム・ヨナが世界のフィギュアの伝説となる」と、色めきだった論調。ウェブメディアの「OSEN」は同大会ではソトニコワの演技に対する採点が議論を呼んだことを指摘し「論議を呼んだ演技さえ、薬物に依存したものであったのか、注目される」と、皮肉を交えて締めくくった。


    2016.12.28
    http://www.daily.co.jp/general/2016/12/28/0009787934.shtml
    no title

    【【フィギュアスケート】ソトニコワにドーピング疑惑?キム・ヨナ 金繰り上げの可能性に韓国興奮】の続きを読む

    このページのトップヘ