20170530-04696332



韓国でショートトラックの次に金メダル獲得の可能性が高いユン・ソンビンがいるスケルトンが最も売れていない。メダルの可能性が低い女子アイスホッケーは完売した。平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック・パラリンピック入場券販売率のことだ。18日現在、全体的に70%を超えたが、種目別に大きな差がある。

女子アイスホッケーのチケットは南北合同チームが合意する前にすでに完売となった。グループ予選3試合はすべて完売となり、車椅子席および同伴人席だけが残っている。負担のない価格のためだ。男子アイスホッケー競技はA席が15万ウォン(約1万5500円)、B席が8万ウォン、C席が6万ウォンだが、女子アイスホッケーはそれぞれ6万ウォン、4万ウォン、2万ウォン。男子の半分にもならない料金でオリンピック(五輪)を楽しむことができ、関心度が高まった。

人気種目フィギュアスケートも販売率が62.4%と予想外に低調だ。しかし男子シングルのSP・フリーは大人気だ。ソチ五輪金メダリストのスター、羽生結弦(24、日本)を見に来る日本人ファンが多い。昨年テストイベントとして開催された四大陸選手権でも日本人およそ4000人が江陵(カンヌン)を訪れた。五輪と韓国観光をパッケージにした商品も人気がある。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00000006-cnippou-kr