o0960081813774080859





平昌五輪でフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりの大会連覇を達成した羽生結弦(ANA)。右足首の故障から演じた復活劇は多くの感動を呼んだが、同じリンクで戦った一人の“盟友”は羽生の離脱中、実際に連絡を取り合い、励ましてきたメッセージをSNSで公開。あまりに感動的として、海外ファンから「なんて心を動かす友情だ」「読んで泣いたよ」「誰もが君のような友人を必要としているよ」と話題を呼んでいる。

 感動のメッセージで話題を呼んでいるのは、ウズベキスタンのミーシャ・ジーだった。2度目の五輪となった男子シングルで17位に入った26歳は、17日夜にインスタグラムを更新。表彰式で胸にかけた金メダルを右手で掲げ、目を閉じて幸せを噛み締めた表情の羽生の画像を掲載し、メッセージを記している。
 
「2か月前、彼は一番苦しい時期を過ごした。互いにあらゆることを携帯電話のメールで語り合ったことを思い出す」と切り出した。「2か月前」といえば、羽生が右足首の故障で離脱中のこと。当然、不安もあっただろう。そして「ある会話の中で彼に伝えたいくつかの事」として、実際に3歳年下の弟分に届けた激励メッセージを明かしている。

「今は暗くても、それはのちに輝くためだよ」「幾度となく見たけど、君が宿す炎は稀有で特別なものだ。もし、君がそれをとても強く望めば、何者も君を引き止めることはできない」

 リンクに立てない暗闇にいても、いずれ輝く瞬間は、必ず訪れる。誰にも真似できない炎を持つ羽生が前を向けば、願いはきっと叶う――。そうした思いを伝えたのだろう。最後は「そして、今日は君の日だ、今日は輝きの日だ。君を誇りに思い、尊敬します。我が親友へ」と祝福で締め、「#プリンスはキングとなった」とハッシュタグを添えた。

以下全文


<みんなの反応>
日本のフィギュア界の仲の良さはもちろんですが、国籍を超えた素晴らしいライバル関係にもフィギュア界全体の向上を感じます。

私達に見えていないドラマが沢山あるんだろうな。
羨ましい!
こんなに熱い友情は大人になり、いつしか少なくなったが本当に素晴らしいものを見させて頂きました。

これがオリンピック精神の象徴的な姿なんだろうね。羽生選手も金メダリストになったからって天狗にもならないし。
男子フィギュアスケートの選手達は良好な関係が築けているのが分かります。

ミーシャジーさんは、ソチの時の浅田選手のSP失敗の時も
いち早く、応援のメッセージ送って下さった方ですよね。
あの後の、日本で行われた世界選手権で、観客の皆さん
大歓声で迎えてくれたのを、感激してた。
今回も、応援させて頂きました。

ミーシャは羽生選手にとって良い友達なんでしょうね…いつかミーシャ振り付けのプログラムが観てみたい!

ミーシャ・ジー選手って良い人柄が顔に表れていますよね。
羽生選手には良い友人が多いと思う。

フィギュアスケートってなんかこういう繋がりがあるよね。
今回のもそうだし、真央ちゃんとネイサンが仲良かったり、羽生とメドベージェワが2ショとったりとか。
昔(ハーディングの頃)とかの時期が特殊だったんかな?
真剣勝負が終わった次の日に、アイスショーを行うってのも各国のスケターの交流を深めるのに影響してるんかな。

ミーシャってほんとにナイスガイ。
ソチの時は、女子シングルショートのあと、「#GO MAO」のハッシュタグで応援してくれた。
スポーツマンシップのある人だし、ムードメーカー。
ありがとう、ミーシャ。

辛いときこそ、本当の親友