img_2e354b92607d99f30d0f893487cbb7a7240514



NHKが14日、2月に行われた平昌五輪のインターネット配信について、さまざまなチャンネルで羽生結弦が66年ぶりとなる連覇を達成したフィギュアスケート男子シングル関連の配信がトップになったと発表した。

 ハイライト動画では、YouTube(ユーチューブ)上のNHKチャンネルで配信した「ノーカット実況なし 飛んだ!ほえた!泣いた!羽生結弦、金メダル!」が332・8万回の放送回数。NHKスポーツのツイッターアカウントでは「ノーカット実況なし#羽生結弦選手#フィギュアスケート男子SP1位」が410・2万回だった。

 木田幸紀放送総局長は「特定の箇所だけ注目してみると、ネットでのコンテンツの提供を分かって見に来ている、使ってくれているという感じがかなりしています。リオ五輪から1年半ぐらいですが、各局の取組も含め、配信事業者の会社側の取組も含め、かなりこなれてきたなという感じがする」と、配信する側にも、ユーザー側にも五輪のネット配信が浸透してきたと所感を述べた。

以下全文


平昌五輪で、羽生結弦が金メダルを獲得したフィギュアスケート男子フリー(217日)の視聴率が平均33・9%、瞬間最高視聴率46・0%を記録


HNK 羽生君動画


<みんなの反応>

ここのところ何でもかんでもどんなランキングでも羽生選手が一位ですね。凄い

実況なしはシンプルに音楽と演技が
楽しめてとても良かったです。
特にエキシビションは外野が騒がしく
集中出来なかったので助かりました。

難しいのかも知れませんが、地上波でも
副音声で実況なしを流して欲しいなぁと
思います。

平昌オリンピックでのフィギュアスケート実況・解説は、競技ではそれなりに良かったが
、EXでは喋りすぎだったりEXならではの技名を的確に言えなかったりで、
実況・解説者の取り組み方で見る側の受け取り方・演技への集中が変わると感じた。
ネット配信もテレビ放送も副音声で解説無しも選択できればいいと思った。

オリンピックの興奮は、まだ冷めやらぬ人気です。
あの素晴らしい演技は、何度見ても飽きません。
当然、羽生選手を配信すれば、トップになります。

羽生選手という文字や映像を見るとすぐに確認したくなります。
それだけ時の人だと思います。
そんな羽生選手を応援します。

それだけの期待を背負っていたともいえる
最高の結果を出した羽生は素晴らしいな

私も何度も羽生選手の演技を観ました。YouTubeは実況など入っていなくて、氷を削る音が聞こえてきてよりリアルに感じられます。

何度も何度も、羽生君の演技を見ています。
勿論今日も息抜きで見ました。
個人的には解説入りが好き。
あの、興奮した
「異次元の強さです。」
が聞きたくて、見たりしますw
たまに、静かに眺めたいときにはNHKかな。

実況なしは2つとも見ました。
何回見ても凄いねえ。日本人でよかった。ありがとう羽生選手。