AS20180216002502_comm


4月13日の12時すぎ、東京・調布市にある「武蔵野の森総合スポーツプラザ」の駐車場に1台のワンボックスカーが止まった。中から出てきたのは、羽生結弦(23)。自身がプロデュースするアイスショー『Continues‐with Wings‐』に出演するため、会場入りした。

フィギュア関係者は「今回のルール改正の流れを見ると、“ジャンプ偏重から芸術性の再評価へ”という国際スケート連盟の委員たちの思いが透けて見えます」と語る。

「今回の改正ではジャンプの点数が下がるとみられています。つまりリスクを背負って4回転ジャンプに挑むうまみがなくなるのです。いっぽう出来ばえ点は7段階評価から11段階に細分化されるとみられています。つまりジャンプ以外の細かな演技の精度を高めることが求められるようになるといえるでしょう。そうなると、抜群の演技力を持つ羽生選手がますます盤石に。彼が五輪3連覇をかけて出場するとなれば、フィギュア界がさらに盛り上がるはず。改正にはそんな意図もあるのではないでしょうか」(フィギュア関係者)

以下全文


<みんなの反応>
続けるかどうかは羽生選手本人が決めること
マスコミ報道が本人の負担になってるみたいだし、
あまり煽らず見守ったら?

ルールを改正したから3連覇も夢じゃない、みたいな言い方は好きじゃない…
皆が頂点を目指して努力してる。練習してる。
羽生選手も、他の選手も皆同じ。
構成や何かで、羽生選手有利になるのかもしれない、が、それが3連覇につながるわけではないはず

羽生選手の新シーズンが楽しみです。
どんなプログラムを滑るのかな。
4回転アクセルも見てみたいけど、すぐ成功して満足したらどうするのかは、ちょっと心配です。

羽生くんはルール改正、あろうがあるまいが、関係無いように感じられますけどね。三連覇したら、
メディアとしては願ったり叶ったりでしょうけど、羽生くんの人生は羽生くんのものなので。羽生くんがアクセル跳びたいなら、
あるいは芸術性に力を入れたいなら、望むことをすればいい。

なんだか、ルールによって贔屓されるみたいな悪意を感じる記事だな。
羽生結弦は単に唯一無二の存在。たかがルール改正に惑わされる様な柔な人じゃない。

ルール改正は、2年前にすでに大枠を発表していたものです。
羽生選手に現役続行してもらうために
急に出てきたのではありません。

ジャンプの難易度ばかりが重視されるようになると、
反動で、完成度重視のルール改正が起こります。
完成度重視過ぎて、ジャンプの進化が鈍ると、
ジャンプ難易度重視の改正が行われます。

ルール改正は羽生選手に有利になるかもしれないけど、他の選手もルールに合わせて戦略を変えるわけで。
現時点で簡単に五輪3連覇の可能性とか書かないで欲しいですね。
本人も出るなら勝ちたいけど現時点では出るか分からないと言ってるんだし。
モチベーションを四年持ち続けるのは私達が思うより大変な事だと思います。
今、五輪燃え尽き症候群になって休養しないだけでも有難いというのに。
変なプレッシャーはやめてもらいたい。

悪意ある表現だなぁ・・・人気者に続けてもらうために改正するなんてあるわけないじゃん。
表現の競技なんだから4回転跳んだもん勝ちにならないようにしましょうってことじゃないの?

でもジャッジする方の質が上がらなければ
モヤモヤするのはあまり変わらないかも…

ジャンプの点数を下げなくても、芸術点を上げてどちらでも高得点を狙えるようにすればいいと思うんだが。
ジャンプがメチャメチャ得意な選手もいるわけだし。