d292b6d18cbe22db


 フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がエテリ・トゥトベリーゼ氏とのコーチ関係を解消し、羽生結弦(ANA)らを指導するブライアン・オーサー氏に師事することは大きな話題を呼んでいるが、同門だった16歳ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)もトゥトベリーゼ氏との関係解消を表明したという。ロシア放送局「テレカナル・ドーシチ」が伝えている。

以下全文


<みんなの反応>
どの試合でも優勝、オリンピックでも金メダルをとっていないと、エテリに相手にされなくなってしまうのかな。
メドベに引き続きとなると、選手の方にではなく、コーチの方に原因がありそう。
別なコーチのもと、納得できる関係を築いて結果を出せるといいですね。

おツルちゃんもジュニアの頃は将来を期待される選手だったけど、ケガなどで成績も残せず、伸び悩んでる感じ。
エテリ組にしてタノジャンプやらずに美しいディレイドジャンプで魅せられる彼女。お芝居っぽい演技も悪くなかったけど、
他の可能性も見てみたかったから、今後どうなるか楽しみ。

ツルスカヤ選手がエテリコーチの元を離れるのは以前からから噂になっていたのでは?先天性の股関節の問題があるからトップを
目指すのは難しいだろうけど、彼女なりのフィギュアスケートとの向き合い方を考えたら、エテリコーチの元を離れるのは正解だと思います。

16歳ツルスカヤがまたもコーチを解消したという事は、シニアには手厚くないのが理解できる。
エテリは、メドベの事もあっさり過去の事と言い放ってたらから、次々に輩出されるジュニアがいるから、強気で気にも留めてない様子だった。
成長しても、その後のフォローが整ってないからロシアは引退が早いんだろう。

若くて無理が効くときにこれでもかという難度のプログラムを滑らせて練習もハード。使い捨て、
次はいくらでもいるからみたいな。結局、結果だせないと居場所なくなるスタイルですね。

ロシアの選手は凄いけど、とても短命な気がする。若い選手が出てくるとお払い箱状態なのかな?今回の二人の新たな挑戦を応援してあげたい。

ツルスカヤがノービスからジュニアに上がってきたとき、その圧倒的なジャンプに、「この子がシニアに行ったら、
誰も勝てないかも知れない」という人が結構いて、私もそれを否定できなかった。
ただ、最後のジュニアの世界選手権で棄権、それ以後故障(病気?)が多く、今一つかつての輝きを取り戻せない。
それでもSBではかなり良い線を行っているし、潜在能力は現時点でも高い。
他のコーチの元で、体をケアし、モチベーションを高めて、かつての壮麗なジャンプを取り戻してシニアでトップを狙ってほしい。

失礼な言い方ですが、ロシアのフィギュアスケーターは使い捨てのコマのように扱われてる気がします。
ほかの国の選手に比べて息の短い選手が多いのも事実。強い選手を排出したい気持ちは分からなくもないですが、
伸びしろのある選手には徹底的に教え込んでその他は補欠要員と言いますか。そして伸びしろのある選手が故障したり、
言う通りにしないなら邪険にするっていうスタイルなような気がします。
みんなきっと好きでフィギュアを始めたんだと思いますが、そういうのを目の当たりにすると離れたくもなるんじゃないんですか。
多感な時期な選手ばかりですし。

ザギトワも離れたりして。
平昌でロシアはドーピング問題で国としては出場出来なかったけど、スケート界でも何かありそう。

コーチとして優秀だから数多くのトップ選手を抱えているのだろうが全ての選手に同等の指導は絶対無理だろうから
やる気のある選手ほど外に出るのは当然かもしれない。同世代の選手同士だってやりづらいし妬みもあるだろうから
もっと伸び伸びやれる場所に移るのは悪いことでは無いと思う