2fc988152cd2f653a5fbf0938bab0d0c




ピョンチャンオリンピック(平昌五輪)フィギュアスケート男子で右足首の痛みを乗り越え2連覇を達成した羽生結弦(23=ANA)が25日、千葉市内で行われたアイスショーに出演した。ショーでは、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と3回転トーループを披露。五輪後初めて公の場でジャンプした。

【写真】メドベージェワと宇野と一緒にはしゃぐ羽生

 以下は一問一答。

 -久々に公の場でジャンプを跳んだ。今の足の状態は

 ジャンプはまだ種類を制限したまま、アクセル、トーループ、サルコーをリハビリとして練習している。難しい入り方、降り方には着手していない状態。ループ、ルッツ、フリップに関しては、五輪の時に痛みを感じていた。それをやっていない限りは(痛みは)感じていない。

 -新たに挑戦するとしている4回転アクセルは

 後々できれば、と位置づけている。まだリハビリの段階で、きちんとした練習ができているわけではない。ショーやイベント等で練習ができていない状況。高難易度のジャンプのめどは立っていない。

 -6月にルールが変更される

 まだ決まっていないので、明確なコメントは控えたい。どんなルールにおいても、フィギュアスケートを好きな気持ちは変わらない。やはりフィギュアスケートをやっている限り、勝ちたい、トップに立ちたいという気持ちはある。ルールに適応し、その中で勝てる自信をつけながらやっていきたい。

 -現在どの程度ジャンプができているか詳しく

 ルッツ、フリップは1回転だけでなく、上がるだけのジャンプもやっていない。ループは軸を取る練習とか、1回転などをやっている。少しずつ、毎日1回か2回、やるようになってきたところ。アクセル、サルコー、トーループは3回転まで出来るようになった。

 -新しいプログラムは

 曲は、決まっています。まだコメントは控えさせていただきたい。

 -SP、フリーも

 はい。

 (質問終了後に自ら切り出し)

 変な報道がありましたけど…(メドベージェワとの親密さを報じる一部記事について)。びっくりしました。羽生結弦って知らない世界の人もいるんだなと思いました。

以下全文


<みんなの反応>
この世に羽生選手の新プロが控えてると思うだけでワクワクします。
まだ治っていない足で6種のうちの3種、4月のショーからこの短期間でよくここまで戻せたなと驚きましたし、
披露してくれた気持ちに泣けてきます。
足首は着氷に使うだけじゃなく普通に滑る時のコーナー使いにもカーブやターンにも、スピンステップにも当然使うところ。
ショーシーズンの忙しさの中で気遣いながら労わるのも大変かもしれませんが、
どれだけ時間がかかっても大事に大事に癒えることを祈ってます。
捏造週刊誌報道も自らひと蹴りするところが真摯的ですね。ちゃんと言って
おく事で自分だけではなく沢山の人を守れる事も知っている人なんだなと思いました。
なかなか自分の口から言葉を発せられる機会が少ないからこその行動なんじゃないかな?
と…あくまで想像ですが。素晴らしいなと思いました。これからも応援してます!

週刊誌の憶測、捏造記事は本当に酷い。
本人の言葉以外は、信じることはない。
アマチュアのアスリートを傷付けるのは止めてほしい。

好きなものだからこそ、
直向きな気持ちでスケートに
打ち込めるのでしょう。
正にスケート愛でしょうね。

他の記事読んで、マスコミに作り上げられた羽生結弦という別の世界の人がいるんだなって皮肉だとやっとわかったわ
この記事わかりにくい

4回転アクセルは、無理をしないで挑戦していってほしいです。
メドベージェワとの報道は、羽生君は”フィギュアのために色々なものを捨てて来た”って自分で前に言っていたし。
友人にアーティストのライブなどに誘われてもすべて断ってフィギュアに打ち込んでいるらしいから、
恋愛もまだ眼中にないような気がします。

私も羽生選手とメドベージェワ選手の親密云々という記事は、
タイトルを見ただけで恥ずかしくてとても内容を読む気になりませんでした。

自分で言ったってこと?
羽生が自分で言いそうにないセリフだけど、ちゃんと読み取れてないかな、おれ。

最後のコメントは吹いた。。。

変な報道をする変なマスコミ。そんなの気にしなくていいよ。

自分の知らない並行世界の「羽生結弦」という別人がいるんだな
と思って見てた、って意味だと思う
もうちょっとわかりやすく記者が整理して書ければよかったんだけど