thumb-12206-137416-entame_l



フィギュアスケートの新シーズンに向け、大幅なルール変更が予定されている。ジャンプ偏重の傾向に歯止めをかけ、演技全体のバランスを重視しようとするものだ。4日からスペイン・セビリアで開かれている国際スケート連盟(ISU)総会で決定する。

 5月16日にISUが発表した議題によると、ジャンプの質の高さを求めるため、出来栄え点(GOE)がマイナス3~プラス3の7段階からマイナス5~プラス5の11段階に拡大する案が出ている。また、フリーで同じ種類の4回転ジャンプを1度に制限する案もある

以下全文


<みんなの反応>
日本人が活躍してたら
ルール改正、
なんとかしないとね

どちらにせよ、選手の負担は大きくなってる気がします。今の男子フィギュアでは、4回転飛べないと話にならない雰囲気だもんね。
ルールは改正されても、ゆづも、宇野くんも頑張って欲しいです。

選手達はコロコロ変わるルールとも
戦っていかなくてはいけないのか。
いくらGEOが上がっても(場合によってはマイナス)、
ジャンプの基礎点が下がってしまっては
高得点や、記録更新なんかは期待できるのかな?
それとも質の良いジャンプを跳べる選手が増えて、
見ごたえが増すのだろうか。

出たな!
いつものパターンでのルール改正
4回転アクセルが15.0→12.5とかまだ誰も成功させてないのに、成功させる前から夢がないなぁ…

スキージャンプもそうだけど、日本人選手が強すぎるとすぐルール変更が叫ばれる、白人至上主義者は無くならない!

フタを開けてみないとわからんな。ただGOEの幅がこれだけ大きくなるからには より正確に見てジャッジしてもらわないと困る。
多少採点に時間をさいても リプレイ検証をしっかりして欲しい。

白人有利じゃないですよ
ネイサン筆頭にゾウ、ボーヤン、昌磨、故障完治した場合のゆづ有利と言われているけどいずれもアジア系。
欧州勢は断然不利
白人有利というより、ネイサンのためのルールですね
アメリカのフィギュア人気低迷だから
スターがいないとスポンサーがつかない
アメリカンファースト

4回転に足かせを付ける様なルール改正は、フィギュアスケートの進歩に逆行する事になる。
野球で言ったら、大谷翔平に160キロ以上で投げてはいけないと言っているようなもの。
スポーツの素晴らしいところは、常に挑戦し続けるところ。
それを、制限するスポーツは衰退していく。
日本人、アジア系を狙ったルール改正だとしても、最もダメージを受けるのは競技そのもの。

基礎点下がり過ぎ。4回転アクセルという漫画並みのジャンプなのに、なんちゅう下がり方や

議題には予め全体の80%以上の賛成を必要とする…と言うバイアスが掛かっているのですから、
議題に載った時点で決定なのです。それをあたかも検討され会議決定されているかのような演出(ライスト)。
ルール改正は必要だとは思うが、密室で決められた内容を議題として挙げる意味はあるのですかね?