Df3j97fUcAAVbxv



平昌五輪のフィギュアスケート女子で4位に入った宮原知子(20=関大)が17日、大阪府吹田市の関大で行われたオープンキャンパスに在校生の代表として出席し、参加した高校生約500人にエールを送った。

 「新しいシーズンが始まるので、頑張らないといけないという思いで身が引き締まります。私も目標に向かって頑張ることがまだまだたくさんあります。受験生のみなさんも自分を信じて、頑張ってください。お互い、頑張っていきましょう

 有名選手の登場に、参加した未来の関大生たちはスマートホンにその姿を収めていた。

以下全文


<みんなの反応>
引っ込み思案で、声があまりに小さくてマイクで拾えないほどだった宮原知子選手。
それが、こうして様々な場所に出て話したり笑顔をみせたりできるようになったことを、心から嬉しく思う。
彼女のように、良いパフォーマンスをしたい、という強い思いはあるのに、それを人にアピールするのは苦手、という高校生はたくさん居ると思う。
宮原選手は全日本選手権4連覇でオリンピック代表と、ずっと日本女子シングルを支えてきた。ミス・パーフェクトと呼ばれる、
その重圧に十代を通して耐えてきたのだ。
努力しか出来なくても、それを重ねれば自分も何かになれるかもしれない。そういう勇気を彼女は与えてくれる。

もはや宮原さんは関大の一枚看板だね
関大は授業料免除はもちろん広告料も払うべきよ

すごく真面目だろうし、成績もほんとにいいんだろうな。可愛い。

なんて謙虚な子なんだろう…
努力し続けるって並大抵のことではできないです。それを当たり前として続けられるからこそ、引き寄せた成績と得られた力なんでしょうね。
これからもずっと応援しています。
宮原選手のニュース、久々に読めて嬉しいです!

こういう人を文武両道っていうんだなぁ。