11070215



仙台市出身の羽生結弦選手が所属する大手航空会社ANAと宮城県は、11日、観光振興や災害時の支援に関する包括連携協定を結びました。

羽生結弦 選手
「僕の出身地の宮城県と所属するANAが提携協定を締結することおめでとうこざいます。僕自身東北の人が笑顔になれるように引き続き頑張っていきます」

締結式では県の「みやぎ絆大使」の羽生結弦選手からビデオメッセージが上映された後、村井知事とANAホールディングスの片野坂真哉社長が協定書に署名しました。

以下全文


<みんなの反応>
仙台に、羽生結弦記念館を創れば、海外からの観光客がたくさん来て下さると思いますよ。本当は羽生リンクを創っていただきたいのですが。

近い将来必ずANAさんの飛行機に乗って仙台に行けるように、仕事をがんばります。そして仙台にアイスショーがリンクが出来ればもっと嬉しいです。

宮城県とANAと、このふたつを結び付けたのは間違いなく羽生選手の存在だと思います。
県と企業、ますますのご発展をお祈りいたします。

これは羽生くんの力が大きいね。
みんな仙台行くときはANA使うね。

とても素敵な記事ですね。
羽生結弦選手のパレードの時に感じた爽やかな風のようです。
宮城県とANAさんを応援いたします。

宮城県のPR大使としても、ANAの顔としても羽生選手は誇らしく、清々しいイメージで世界に向けて情報発信できますね。
出身地と所属先の連携で、羽生選手の望む復興に繋がる観光の促進や、災害時の支援の輪が広がることは素晴らしいことですね。
爽やかなイメージの連携は大賛成です。

>最高級ブランドの仙台牛数多くの日本酒、ありとあらゆる楽しみがある。
日本酒に言及してくださって、ありがとうございます。あまり宣伝されていないけど、仙台の日本酒は、本当においしい。
今の時期だと、銘柄によっては、しゅゎしゅゎの発泡大吟醸?が限定で出るので、それが夏らしくておすすめだと思う。

これはいい事ですね。
折角、羽生結弦の様な素晴らしい郷土愛溢れる人を輩出しているというのに、
色んな面で宮城県は重たい腰がなかなか挙がらない様なので企業側からどんどんアプローチして下さい。
宮城県の為なら羽生さんもどんどん協力してくれると思います。

羽生くんを起用して、何かしらイベントやら企画があると嬉しいですけどね。
新しいブランド米、いつ発売されるかしら?ことらも、楽しみにしています。

素晴らしい提携ですね。国内外に向けて有意義な提案がなされる事を期待しています。
そして官民の提携で公営の通年リンクを仙台に作り、
フィギュアスケート発祥の地として選手育成のためハード面とソフト面の充実に力を注いでほしいと願っています。