山下真瑚-1



フィギュアスケートの競技会、げんさんサマーカップは13日、大津市の滋賀県立アイスアリーナで男女フリーが行われ、女子はショートプログラム(SP)2位の山下真瑚(愛知・中京大中京高)がフリー1位の120.62点、合計190.02点で優勝した。SP首位の三原舞依(シスメックス)が合計189.85点で2位。3位はSP4位の坂本花織(同)で、合計182.56点だった。

山下は途中で鼻血が出るアクシデントがあり、演技中盤で連続3回転ジャンプが単発になったり、3回転サルコウの回転が抜けるミスがあった。だが、15歳の新鋭は「鼻血は関係ない。練習でよく失敗するところで失敗した。今の実力」と冷静。三原ら上位選手が相次いで失敗したこともあり、「(1位が)回ってきた」と話した。

 山下の直後に滑った三原は「氷に乗った時に、真っ白なリンクの上に赤いのが落ちてて『えっ?』と思った。ちょっとやられたな」と苦笑い。演技序盤の滑走途中で転倒し、中盤の連続3回転でも転倒するなど、ミスが相次いだ。坂本も3回転ルッツの回転が抜け、さらに連続ジャンプでの転倒などがあった。優勝者に贈られる副賞の近江牛を「欲しかった……」と悔しがると、「昨年もこの大会に出てから(レベルを)あげられた。もう1回エンジンをかけ直したい」と奮起を誓った。

以下全文


<みんなの反応>
坂本はあの時はまぐれだったと言われないように頑張って欲しい。期待されてる時に勝つことの難しさを乗り越えて欲しい。

熾烈な競争が、すでに始まっとるなぁ。今年は本田さんもガンガン動けるようになってたし。
群雄割拠で、誰がワールド出場できるか、全く予測つかない…。

そういうお年頃だと思うけどちょっとがっちりしすぎたかな。

えっ三原優勝しなかったの、今シーズン大丈夫か?

坂本選手はオリンピックまぐれとかじゃないよね。彼女、ジャンプが高くて綺麗。必死さと若さが後押ししたオリンピック、素晴らしかった。
宮原さんよりジャンプ綺麗。
頑張って、トリプルアクセルとか、表現を磨けば線も細いし、次のオリンピックではいいとこまで行けそう。練習が怪我との戦いで大変なんだろうけど。
次のオリンピック頑張ってほしいです。

三原さんは記者に鼻血のこと聞かれてこんな風に言ったのかな?それとも自分から?まあどちらにせよちょっと後輩への思いやりが欠けた発言でしたね、、
運営に対して言ったとしても山下さんがこの記事見たら傷つくと思う。

いくら国内の練習試合みたいだからと男女ともひどすぎる。こんな点数ではとても世界では戦えないよ。
三原も坂本もなさけない。常に最低でも200は越えてないとだめだ。たるんでるよ。
山下はよく190出せたけどやはり200は超えないと世界では戦えないぞ。もうグランプリでこんな醜態さらさないでほしい。
外国選手になめられるぞ。ロシアに笑われる。ほんとに頼むよもう! こんな低い点数カンベンしてくれ。

リンクの血を拭くくらいはしてあげてほしいけどな…。

本調子でないと言え、坂本、三原がいる大会で優勝する15才は恐ろしい。日本の選手層はドンドンと厚くなってゆくなあ。

山下と織田は結ばれる。