4644376



フィギュアスケートの平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ、銀メダルのエフゲニア・メドベージェワらロシアのトップスケーターが参加する「テスト演技会」が9日に行われる。メドベージェワが現在指導を受けているブライアン・オーサーコーチや、昨季まで師事していたエテリ・トゥトベリーゼコーチらが一堂に介するとあって、現地メディアからの注目度は高まっている。

 ロシアニュースサイト「championship.ru」はソチ五輪ペアの金メダリスト、マキシム・トランコフ氏の発言を報じている。

「メドベージェワにはオーサー氏に師事して得た何か新しいものを期待します。みんなが待っていて思っているでしょう『彼女が何を見せるのか?』と。私は彼女がカナダ人スケート選手のように滑るようになっていてほしいと強く思います、まず何よりもスケーティングにおいて。もしジェーニャが自分本来のジャンプを跳び、カナダのスケート学校が教えるようなスケーティングで滑れば、それは大きな衝撃となるでしょう」 

以下全文


<みんなの反応>
カナダに拠点を移してまだ2~3ヶ月くらいだよね
怪我の影響も残っていたしアイスショーもあったからしっかりとした練習積める時間も少なかったと思う
カナダの振付師になったからカナダ風味にはなってはいても技術的な部分は今回のテススケで大きな変化は見れないんじゃないかな
メドベデワ選手が一番やらなきゃならないのはエラー持ちのルッツの矯正だと思う
女子でもクワドや3Aを跳ぶ選手が出てきた
SPフリーでルッツを1回しか構成に入れられないんではかなり厳しくなってくるよね
オーサーコーチは直すつもりみたいだけどジャンプの矯正は簡単ではないと思うから矯正頑張って欲しい

トゥルソワやシェルバコワって、まだ身長150あるかないか。
もちろんその年齢と体型なら誰でもクワドを跳べる訳ではないので、彼女たちはすごいのだけれど、シニアになっても跳べるかは疑問。
カナダのロシェットやケイトリンが、がっつりシニアの年齢になってからも戦えたように、メドベにもまだまだ頑張ってほしい。
私はユーリャが好きだったけど、ロシアのスケーターが皆あんな、一花咲かせたら散っていくような、引退の仕方では悲しい。

メドベと本田はコーチを変えるという事でどう彼女達に変化をもたらすのか楽しみだ

恐らくメドベはザギトワと比較され、本田は坂本、三原、樋口、宮原辺りと比較されると思うけど誰が1番進化してるのかも楽しみ

ジャンプに関してはオーサーはそんなにいじらないと思う。
これまでのやり方や実績を尊重すると彼の本に書いてあった。
ジャンプ以外の要素がどう洗練されたか見てみたいですよね。
今まではやたら忙しいプログラムという感じでしたから。

ロシアは日本以上に女子の競争激しいから来季になったら別の女子選手がトップにいると思う
4回転の最強ジュニアの二人がシニアに上がるだろうし、勝つのは難しいだろう、オーサーのところはアタリハズレが激しいからどうなるだろうね。

とりあえず今季の結果が出てから記事にしましょうよ。
たった3ヶ月で劇的に変化しない。

ロシアのテストスケートに、ロシアのトップ選手と共にカナダ人コーチが乗り込むという、時代が動いた感が凄い

また新しい子が出てくるんだよ。
ロシア女子は年単位でポイ捨て。

ロシア女子に関しては、メドベやザギトワの進化よりトゥルソワ、コストルナヤがシニアに上がってくるほうが正直楽しみ。

メドベは興味あるよ。
細身で小柄だが、すでにジャンプのピークを超えた年齢。
大人になった女子選手が、どうやって若手と戦うのかが見もの!