宇野昌磨




フィギュアスケートの国際大会、ロンバルディア杯が開幕し、男子ショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(20=トヨタ自動車)が104.15点をマークし、首位に立った。昨季世界選手権5位の友野一希(20=同大)は75.47点で5位だった。

 国際スケート連盟は今大会から新ルールを適用。ジャンプの基礎点が下がる一方で出来栄え点(GOE)が7段階(プラス3~マイナス3)から11段階(プラス5~マイナス5)になった恩恵を宇野は最大限に受けた。

 冒頭の4回転フリップを成功させ、GOEは3.74点。昨季までの限界を超えた得点を叩き出した。続く4回転―2回転トーループも成功し、後半のトリプルアクセルも着氷。リセットされたとはいえ、昨季マークしたSP自己最高の104.87点に迫る得点だった。

以下全文


<みんなの反応>
シーズン序盤からいきなりスゴいですね!
今シーズンのショートは宇野選手にとてもよく合っているなと思いました♪
怪我には気を付けて、まずはフリーも頑張ってください!

今年も活躍が楽しみ。長いシーズン、ケガに気をつけて頑張って欲しい。

宇野選手フリーも頑張って優勝して欲しいです。タクタミさんもまだ続けて行くんだね。頑張って欲しいです。

宇野選手フリーも頑張って下さい
今シーズンも応援します

今シーズンから採点ルールが変わったから、過去の成績とは比較できません。

よい演技には違いないと思いますが、「自己最高に迫る」の表現は、比較できないので適切ではないと思います。

昌磨君は常に平常心でいられるところが強みです。自分のやる事に集中できるところが素晴らしい

プロトコル見たけど、最初のクワドを1.1倍になる後半にしたらもっと高得点になるね!新ルールで、
どのジャンプが得点取れるか色々試したい中、初戦は上々の滑り出し!

今シーズンのプログラム早く見たいです!

さすが宇野だな。

トリプルアクセルかっこよかったよ。