thumb-12136-090883-sports_l



 平昌五輪フィギュアスケート男子で連覇を達成した羽生結弦(ANA)が今季初戦として出場する「オータムクラシックインターナショナル」(カナダ・オークビル)が20日(日本時間21日)開幕する。いよいよ始動する王者を、IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」が特集している。

「44人のスケーターが今週末のオータム・クラシックにエントリーしているが、フィギュア界の注目ははっきりと2選手に注がれている。日本のオリンピックチャンピオン、ユヅル・ハニュウと平昌で銀メダルを獲得したエフゲニア・メドベージェワだ」

 同サイトはこうつづり、羽生とメドベージェワへの注目度の高さを紹介。「トロント郊外で行われるこの大会は、スケーターやファンにとっては2018-2019シーズンを占うものである。グランプリは1か月後のスケート・アメリカから始まる」とフィギュアファン必見の大会であることにも触れている

以下全文


<みんなの反応>
今シーズンで4Aを入れたいと羽生選手が言うということは、
形になってきてるんだと思う。
前から少し回転不足では降りてるって情報を見たことがあるけど、
どうか怪我なくシーズン終盤に決めてください(*^^*)
オータムクラシックではプログラムの内容と衣装で楽しませて頂きます。
今シーズンも頑張って下さい(*^^*)

羽生君がシーズンの最後まで、怪我なく演技できますように。

今シーズンもまた、美しい演技が見られるのを楽しみにしてます。
頑張ってください。

早く衣装含めた全貌が見たい!
今週ようやく、やっと!ですね

シーズン初戦は
勝てない事が多かったけど
勝つ負ける、より
どんなスケートを魅せてくれるのか?を楽しみにしています

注目度が大きいのは当然でしょう。オリンピック金メダリストの初戦ですから。

メドベディワ選手は平昌で銀メダルだったが、
羽生選手と宇野選手との差が10点以上の大差に対して、
ザギトワ選手とメドベディワ選手との差が1点以下で、
実質的に世界トップと言っていいでしょう。

ジェイソン選手も注目したいでしょう。
繋ぎが非常に濃く、トリプルジャンプは流の中で決められる選手(エッジが明確)

羽生選手の現役続行に、フィギュアのあらゆる関係者は内心ほっとしたんでしょう。自分のためにスケートを楽しんで、
怪我なく挑戦したいことを挑戦してもらえるといいです。スケートを心の底から楽しみ、羽生くんの競技プロを仕上げていく過程を、
理想な演技ができる時の羽生くんの会心な笑顔が見られるように、一ファンとして応援させていただきたいと思います。

羽生選手の公開練習を見た限りでは演技時間が短くなったのに繋ぎが更に豊かになって凝縮されているように感じた。
4Aを入れるには先ずは4Loでプログラムを滑りきれる形になってからだと思う。表現ができない状態で4Aを入れる事は
羽生選手の場合考えられない。本人も五輪帰国後の記者会見で4Aや5回転を入れる場合は表現の一部にしますとコメントしていたから。

『オトナル』と『Origin』、
どんなプログラムなのか今から楽しみ。
と言うか、
羽生選手が現役選手としてリンクに立ってくださるだけで
『ありがとう』と言いたい。
今シーズン怪我なく、
羽生選手が思い描いたプログラムが完成することを願っています。

ジャンプに重点を置いていたシーズンと違って元々の表現力を前面に押し出してくるだろう今季は様々な意味で楽しみだ。
熟成した羽生結弦というアスリートが夢幻の時を見せてくれるのかな。ワクワクです。

ついに来たか、王の帰還が。
もちろん4Aは急がれなくても万全の状態の時にお願いします。

もうすぐ新プログラムの全貌が見られますね!
衣装はどんなだろう。
とても楽しみです。
怪我なく、充実したシーズンになりますように!