20180922s00079000120000p_thum




男子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪後初の実戦となった羽生結弦(23)=ANA=は、スピンが0点になるミスがありながら、97・74点で首位に立った。

 青と黒を基調とした新衣装で臨んだSPの「秋によせて」。演技後の羽生は苦笑いを浮かべた。「悔しいです。『あああ~』みたいな感じでした。まあジャンプを跳べてなんぼだとは思うので、ある意味ではまとまったのはよかったとは思っています。まずジャンプの方は及第点は超えたのかなと思っています」と、今季初戦を振り返った。

以下全文


<みんなの反応>
素敵なプログラムですね。
本人は点数を気にしないで滑ると言っていましたけど、滑った後には「悔しいです」と言っているので、
今季もまたすごいことをやってのけてくれるのではないかと思ってます。
でも怪我だけはしないでくださいね……

初戦ですしね、それでも首位なのでフリーも楽しみです。

なんじゃ?あのトリプルアクセルは!!!
今までよりもさらに難しい跳び方してる。ステップからひょいっ。あんなトリプルアクセル見たことない。
もうトリプルアクセルすらステップの一部のよう。すごい、、、

ステップは仕方なかったのかなと思うけど、GOEの出方がかなり厳しかったと思えてなりません。
4Sだって3Aだって難しい跳び方してるのに。3Aにプラス1を付けたジャッジはどこを見てるのだろう…。
ルール改正してもジャッジがルールに従っていないと意味がないような。

いやー羽生選手の存在感ハンパない!
最初の立ち姿から魅了されました。久しぶりの試合で偉大な先輩達の曲ということでかなりの緊張だったかと思いますが 
試合に挑む羽生選手ってやっぱりかっこいいですね。
フリーも楽しみです!現役続けて下さってありがとうございます!!

これから、これから!
初戦の足慣らしですよ。
あれだけ滑ってくれるだけで涙モノです。
だって、昨シーズンは私達は羽生さんの試合は3試合しか見ていませんもの。
勝ち負け気にしないと言いつつも失敗するのは悔しいのね。羽生さんらしい。
楽しみながらゆったりと自分のものにして下さい。
フリーも楽しみにしています。

羽生選手は少し納得できない演技にもっと練習しなければと反省を述べているがまさに自分との戦い。
自分の初心の時の夢 希望のためにひたすら努力する姿勢にまた感動をもらいます。フリーも楽しみでワクワクしてきます。

スピンノーカンって珍しいね
カナダの大会ジャッジって日本人に厳しい印象
以前宮原さんがステップノーカンにされたのはスケートカナダ

尊敬する先輩方のプログラムだから、より大切に敬意を持って滑れる事でしょう…これから!