img_2a82db70efb187c595863d244b00aedc123747



フィギュアスケート オータム・クラシック 最終日(22日、カナダ・オークビル)

 男子フリーが行われ、五輪連覇で男子ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(23)=ANA=が、フリー2位の165・91点、合計263・65点で2月の平昌五輪以来となる右足首故障からの復帰戦で優勝した。

 ―自分を動物に例えるとしたら?

 「猫…かな? と思っています(笑い)。わがままだし、マイペースだし、あのお、まあ本当に自分がしたいようにやっているので、もうちょっと大人にならなくてはな、とはある意味思っています」

以下全文


<みんなの反応>
猫のように孤高で気品がありマイペース。時に気まぐれに甘えてくる。ちょうどいい感じではないですか?まさに羽生選手だと思いますよ。

>わがままだし、マイペースだし、あのお、まあ本当に自分がしたいようにやっているので、もうちょっと大人にならなくてはな、
とはある意味思っています
あはは、試合を終えてほっとして、饒舌になってますね。楽しそうだね(笑)。「練習がしたい」って。これも羽生の原点だね。

優勝おめでとうございます。表彰台の羽生選手が素敵でした!
インタビューでは、「練習がしたいと」闘志を燃やしていましたね。楽しむシーズンとはいえ、彼らしい発言でホッとしています。
動物に例えて は、犬かと思いました。いつも被災地に寄り添ったりしていて優しいので。
次の大会を楽しみに待ちます!

氷上や報道陣の前ではキリッとしてるけど、プライベートでは猫みたいなリラックスモードになるんだろうね。
優勝おめでとうございますm(_ _)m

自虐も言えるところが、好感持てる。

「わがままだし、マイペースだし、あのお、まあ本当に自分がしたいようにやっているので、もうちょっと大人にならなくてはな、
とはある意味思っています~」
普通、若い人が自ら目標持って頂点を極め・夢中に突っ走っている時になかなか言えない言葉。あらためて素直というか自分に正直な羽生選手、
今シーズンのテーマでもある”Origin~原点回帰”にぴったりですね~

自分=猫
確か、以前にも言っていましたね。
例えるなら、気品のある、美しい猫ちゃんですよね^-^

ショート、フリー見ました。
ああ、オリンピック、本当「痛かったんだ」と感じた。
シリーズ初戦でしたが、何時もの「曲と振り付けがピシッと決まる。」が、出来てた。
オリンピックは、確かにリズムには乗ってたけどあの、「ピシッと」が無かった。
「ブランク有るから仕方ないか」と、思ってましたが、後で「痛かった」と、聞いた。
そして、今期の滑りは「ピシッと」なってた。
これからもっと練り上げて「ビシッ!!」としてくるんだろうなぁ。

羽生選手は確かに猫っぽい。
ミュージカルのキャッツに
出演してても違和感がない。

優勝おめでとうございます。
やっぱりやってくれました!