o1721114814271760138



男子は冬季五輪2連覇の羽生結弦(23)=ANA=が4回転サルコーで転倒したフリーで165・91点の2位にとどまったが、合計263・65点をマークし、2月の平昌五輪以来となる右足首故障からの復帰戦を優勝で飾った。羽生はショートプログラム(SP)首位で迎えたフリーでループ、トーループの4回転ジャンプを決めたが、ルッツ、フリップの2種類のジャンプが入らない演技となったこともあり、技術点が伸びなかった。SP2位の車俊煥(韓国)がフリー1位の合計259・78点で2位だった。

 こんなもんじゃない。フィニッシュのポーズで突き上げた左手を下ろすと同時に、羽生は顔をしかめてほえ、悔しさをあらわにした。肩で大きく息をする。五輪で2連覇を果たして以降、結果にこだわらず「楽しむ」ことを掲げてきたが、羽生は根っからの勝負師だ。同門の後輩・車俊煥に3・87点差と迫られ「勝たないと意味がない」。静かにともっていた王者の闘志は一気に燃え上がった。

以下全文


<みんなの反応>
まだ本調子でない中での優勝はやはりすごいと思います。
五輪の重圧から開放されたので自分の滑りを楽しんで欲しいのですが、リンクに立てば血が騒ぐのはアスリートの性みたいなものですね。
とにかく怪我なくこれからも頑張って欲しいです!!

羽生が基礎点0.8掛けになっても4T3A入れるといっていることは、ファンならば理解してサポートするべきだと思う。
4T3Aが得点になるようにジャッジを促すという意図は全くないと思う。それに僅差の試合などでは、いつでも4T3Tに戻すことができる。
そうではなくて、大きな国際試合で4T3Aを決めれば、認定される。難易度に比べて、同じように、4Aも得点としては低すぎるとは思うが、
羽生が試合で4Aを決めたことは認定される。認定されるということは、アイスショーやエキシビション、練習で決めることとは、重みが違う。
勝負がかかった重要な試合では、4Aをやらないとか4T3Tに戻すとかの判断はあるかもしれないが、今季は原則、4T3Aは羽生のSP
、FSには入るものだと認識している。

確かにミスはありましたが、まだまだ初戦。
また闘志をたぎらせる羽生選手が見られて嬉しいです。
闘志溢れる姿勢もまた彼のOriginなのではないかと、私も思います。
どうか体に気を付けて、納得のいく練習が出来ますように!

オリンピック後だけど気持ちの切り替えが出来ている。ルール変更があったけどクリアして素晴らしい演技を見せて欲しい。期待しています!

最短で強くなりたい、羽生選手らしいと思いました。そして本当にそうなると思わせてくれるのも羽生選手だからこそだと思う。
これからが更に楽しみになりました。

オリンピック二連覇して、言ってみれば浮世離れしたところでスケートをしようとしたところが、試合に出てみたらやっぱり勝負が捨てられない。
競技者であり続けることがどういうことか、考えるシーズンになるんでしょうね。でもそれこそが、結弦の選手人生をますます深い
ものにするのだろうと思います。
4Aが完成すれば、好きな構成と高得点が両立するかもしれません。
いずれにしても、今までのフィギュアスケートのチャンピオンが殆ど経験していない境地です。
いろいろな心境を経験することそのものが貴重で素晴らしい体験だと思います。

フリーでの失敗が羽生選手の闘志の導火線に火をつけたのでしょうね。
それでこそ伝説の王者、逆境を成功に転じてきた羽生選手の真骨頂です。今まで4分半というフリーが体に染みついている中、
4分への短縮は結構きついものがあると思います。まだシーズンの初戦ですから、これから調整可能です。
きっとこれからどんどん調子を上げていくことと思います。失敗を糧にして頑張れ!応援しています!

初戦Vおめでとう。
演技後のインタビューで火がついたのはよくわかりました。これからの試合に向けて完璧に仕上げていくのでしょうね。
転倒した時は思わず右足首を見てしまいます(^^;
怪我なく頑張って。

ソチ後は燃え尽き気味&へんな王者の気負いが強かったけど、今回は流石に余裕の貫禄。
凄く良い精神状態みたいですね。
なによりです。

勝負もまた楽しみなのでしょう。
楽しみつつ存分に戦って下さい!

彼の性格上そうなることは分かってましたw
どうか怪我には気をつけて