cad962fd2282c5a46a5917a34f54f6b8



フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズが19日(日本時間20日)、スケートアメリカで開幕する。今季は大幅なルール改正があり、難しいジャンプを多く跳ぶことよりも演技の完成度を重視する採点になる。全6戦のうち、主要選手は2戦に出場。シリーズの男女各上位6人が12月のグランプリ(GP)ファイナル(カナダ・バンクーバー)に進む。

 男子は、平昌(ピョンチャン)五輪で66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(ANA)と、同五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が戦いの中心になる。ともに9月の前哨戦で、新ルールへの対応に課題を残しながらも優勝。GPシリーズでは得点を伸ばしてきそうだ。海外勢は昨季世界選手権を制したネーサン・チェン(米)、同五輪4位の金博洋(中)らが各大会で優勝を狙う。

以下全文


<みんなの反応>
選手よりもジャッジの方が手探り状態のような気がする。
今までもGOEの基準があったはずだけど、
ジャッジによって異様に低い評価を出したり、
基準を満たしていないのに高い評価をしたり。
選手はみんな真剣に演技しています。
正当なジャッジをお願いしたい。

まだか、まだかと思ってたら、もう目前ですね。
まずは、新ルールへの対応ができるか否かかと思いますが、男子のFS 4分が一番の鍵になるような気がしてます。
厳しい条件の中で、如何に完成度の高いパフォーマンスを本番で決めてくるか。
火のついた羽生選手の演技構成にも注目してます!

ルール改正後の今季は各選手がどんな戦略を立ててくるのか楽しみです。
転倒リスクを避けて確実なジャンプ構成で来るのか
男子はフリーが4分に短縮されたことで逆に体力的に大変そうですね
女子は欠場のお知らせもちらほら聞こえますが、
どの選手も怪我なく頑張ってほしいです!

先日のアベマTV で、織田信成さんや本田さんが、オータムクラシックでの羽生選手の4Tに加点5が付かないなんて、
他のどんなジャンプが5なんだと、突っ込んでましたが、
本当に素晴らしいジャンプでした。
審判の皆さん、新ルールにはなりましたが、選手は血のにじむ思いで練習をしています。
しっかりジャッジしてください。
今まで、ジャンプ前のステップの有無も見逃してたそうじゃないですか。あり得ない。。
羽生選手みたいに几帳面にルールに則ってジャンプ飛んでた人の立場は。。

今度の羽生選手のフリーの繋ぎの濃さ!
ナンバーワンだと思います。
とにかくしっかり評価されて欲しいな。
圧倒的なプログラムです。

新ルールへの対応で選手は苦労しているようですが、ジャッジにもしっかり運用できるよう認識を徹底して欲しい
今頃になって前ルールでコネクティングステップの評価を忘れていたジャッジがいたなんてとんでもないことが出てきたら呆れるわ

ジャッジする方々に言いたい。
公平な目で審査してほしい。
特に人それぞれの見方によって変わると思われる表現力の増減には呆れる時が多々ある
そして…
ともかく、病気や怪我のないように祈ってます

いくらルールをかえてもきちんとジャッジングされないと
意味ないので…
プレロテを取る気ないのなら、せめて回転不足はきちんと取ってください。

選手が頑張っても、ジャッジが無能なら意味がない。
頼むから、更正にジャッジングしてくれ!

羽生選手の出場は第3戦フィンランド大会と第5戦ロシア杯です。
オリンピック2連覇の重圧から解放された羽生選手が新たな気持ちで、新しいブログラムをどのように演技をするのか楽しみです。
12月のファイナルに向けて頑張って下さい。

グランプリシリーズの記事を見る頃になると、あーもうすぐ冬になるんだなぁと実感します。
日本の選手はもちろんですが、各国の選手のプログラムを見るのが楽しみです。