20181108s00079000312000p_view



女子フリーで宮原知子(関大)は143・39点をマークし、合計219・47点で2位となり、ファイナル(12月、カナダ)進出を決めた。

 回転不足を防ぐためにジャンプの改善に取り組んできたが、この日は2つの回転不足があり、2度のルッツでは不明瞭な踏み切りと判定され、同じ浜田コーチに師事する紀平には及ばず。「悔しい気持ちもあるけど、まだまだ頑張らないといけないという刺激を受けた」と振り返った。


<みんなの反応>
ファイナル出場おめでとうございます。
回転不足取られても、鬼門ではない2A-3Tのファースト、3F-2T-2Loのサード。これは緊張によるものできっと一時的なものだと思う。
鬼門の3Lz-3Tは回転は大丈夫だった。それを考えるとジャンプの改革はだいぶ染みついてきているように感じます。3Fはアテンションも
付かなかったがその代わりに3Lzで2回アテンションが付いたのは緊張や3Fのアテンションを気にしすぎたのかなと思いました。
紀平選手に負けたというより自分自身に負けてしまった悔しさでしょう。紀平選手は宮原選手の良い部分を吸収できたと思うし、
宮原選手と切磋琢磨して成長していってほしい。
来週には山下選手のロシア大会。紀平選手はカナダ大会の山下選手に刺激を受けたそうでそれが今大会の飛躍に繋がったと思うので今度は
山下選手が紀平選手の飛躍に刺激を受けてさらなる飛躍を遂げファイナル進出できますように。

ジャンプ矯正をしていると初めに聞いた時は、今シーズンはグランプリシリーズは微妙かと思っていましたが、そんな自分を殴ってやりたい。
今回はまた回転不足やアテンションを取られましたが、取られても143点。昨シーズンは刺されると140点を切っていましたから、
(採点基準が違うのでなんとも言えないところはありますが)評価される部分も伸びてきていると思います。
今シーズンは得点や順位よりもジャンプ矯正と話していた宮原選手のチャレンジを気長に応援しています!
 
あの物凄いプレッシャーの中で大きなミスなくまとめる精神力は流石です。宮原選手の凄いところはどんな状況でも決して大崩れしないこと。
昨シーズンの怪我を除けば、シニア2年目以降は出場した殆どの大会で表彰台に乗っている。
緊張が強かったのか、ジャンプは今までの癖が出てしまっていたけど、スピンステップは素晴らしい美しさ。GOEの幅が広がったことで、
絶品スピンステップの加点が大きくなったのが、回転不足があっても140点超えられる要因かな。
毎回レイバックスピンの綺麗さは本当に惚れ惚れします。
ジャンプはまだ改良し始めたばかりだから、引き続き克服を頑張って欲しい。

宮原はまだまだこれからだよ。彼女はいつだって問題意識もって取り組んでいるし今回は
回転不足またとられたけどこれも試練とおもってまた改善していけばいい。つまり伸び白は無限にあるってこと。
彼女は他人と比べずに羽生みたく自分の世界を追及していってほしい。高みに向かっていつまでも上っていく姿勢が彼女をより美しくする。
私らはその演技を見たいんだよ。それにまだまだ勝てるよ。ファイナルでは巻き返しを見てみたい。彼女ならやるでしょ。
まだ日本のエースは宮原だ。来年は3A覚えてみんなをまた興奮させてくれ。

フリー、試合の度にどんどん良くなっていってると感じます。
スコアはスケアメより低くなってしまったけど、これが
宮原知子のタンゴだと自信を持って言えるような世界観が
確立されてきたと思う。タンゴらしさがどんどん増してます。
手先の美だけじゃなくて、足許のキレッキレなこと!
このプログラム、初見ではちょっとピンとこなかったので
どうだろう・・・と思っていたけど、今となっては
宮原選手を成長させてくれるプログラムだったと断言できる。
さっとんのジャンプやプログラムへのチャレンジ、ほんとに
凄いよ!進化し続ける宮原選手はファンにとって目の離せない
存在です。
 
更に精度を磨いていけば、採点方法変更は宮原さんには有利に働くと思いますので期待しています。

ルッツのアテンションや今までつかなかったところでの回転不足とジャンプ面では課題はあったかもしれませんが、
演技全体を見てフリーを自分のものにしている感じがしました。レイバックスピンの満点評価は嬉しいですね!ファイナル進出おめでとうございます。
 
フィギアという競技について思うことは、他のそれと違って音楽にのせて滑ることだ。(体操の床で一部あるが)
観客が引き込まれるときは選手は選んだ音楽を自分のものにしている。
宮原選手がそうでないとは言えないが、あまりに頭で理解して、次の動きを考えてるのではと思ってしまう。
もっと体で受け止めて自然にうごけないものか。見ていてそんなことを思った。間違っていたらごめんなさい。

私は、宮原選手の演技がとても美しく素晴らしいと思いました。採点方法など、難しいことは分からないのですが、一番感動しました。

フィギュア選手に1番必要だと思うのは「華」だと思う。それは天性のもので、努力ではどうにもならないと思っていたが、
彼女を見ていて「華」も努力で得ることができる気がする。