201811090000781-w500_0




11月9日から広島市で開催されたNHK杯、宇野昌磨はスケートカナダに続く優勝を果たしてグランプリ(GP)ファイナル進出を決めた。

 この大会、宇野はショートプログラム(SP)最初の4回転フリップは決めたものの、ふたつ目の4回転トーループは最近の大きな課題になっている回りすぎが出て転倒。連続ジャンプにできなかったこともあり、納得の表情というわけにはいかなかった。演技構成点も5項目中3項目が8点台になって伸び悩み、得点は92.49点。トップには立ったが、2位のセルゲイ・ボロノフ(ロシア)とは1.12点差と、そこまで大きな差をつけられなかった。

「カナダで失敗したトリプルアクセルを決められたし、(樋口)美穂子先生から『カナダの時より体も動いていて悪い滑りじゃなかった』と言われました。でも、試合になると体が動きすぎてジャンプも回りすぎになって、イメージどおりの失敗になってしまったのが心残りです。6分間練習でジャンプが前傾しているのに気がついたのでそれは修正できましたけど、4回転トーループはずっと回りすぎて失敗しているので、そろそろ何とかしなければいけないと思います」

<みんなの反応>
早ければ今週のロシア杯で羽生選手が超えて来そうですね。
GPFや埼玉の世界選手権でピークが来ればいいので、まだ完璧である必要はないけど。

ジャンプが1本少なくなった分、ジャンプでいかに加点をもらえるかが、300点越えの鍵になってくると思います。
そうなるとやはりジャンプの加点が高い羽生選手が300点越え1番乗りになるはず!

これまで、グランプリシリーズのトップ選手達の皆さんの試合を全て拝見しましたが、
やはり本命は羽生選手ですね。
先日のヘルシンキでは氷の状態が思わしくなく、羽生選手は「抑えて」飛んでいたそうです。
他の選手がみんな転倒していた所、羽生選手だけは、コントロールして、振り付けも省略して、ミスを最小限に抑えてのあの得点です。
次のロステレコム杯が楽しみです!
テレビでエキシビも見たいです♪
美し過ぎる羽生選手のエキシビがテレビで見たいです(*´∇`*)

普通に考えても300寸前まで出してるレジェンドが一番乗りで次がチェンだと思う。

とあるフィギュア専門の外国人記者が、とある選手のジャンプの採点についてツイッターで疑問を呈していた。
私たちがヤフコメで無責任にやいやい騒ぐのと違って、それなりに名の知られた人が実名で公言するということは、
様々なリスクを考えた上でもそれを発信する必要があると考えたということ。
これは決して小さい問題ではない。
 
羽生選手も言っていたけど「大会ごとの採点のバラつき」
NHK杯でもあったように思う。
それも選手ごとに。
ミーシンコーチが「上げたい選手を上げるための改悪」と言っていた通りになりつつあるのでは?
来季また見直しになるのではと思っている。
 
後半基礎的が上がるルールとジャンプの本数、競技時間は前の方が良かった。
ジャンプの基礎点は前はエレメンツ後半で1.1倍になるルールだったがショートラスト1本、フリー3本のジャンプが対象になったせいで、
ショートもフリーもジャンプは構成の前半で固めて組み込む選手が増えて全体的にアンバランスになった。
どこにジャンプを組み込むかというのも選手にとって作戦になるんだから、わざわざ平等に本数で縛る必要性は無かったのではないか?
あと、今回のルール改正は技の完成度に重点を置く形になった以上(この改正自体は良いと思う)、ジャンプの本数が減って
一度でもミスを犯した選手は挽回のチャンスが減ってしまった。
単純に見応えとしても30秒短縮の影響はかなり大きく感じた。

今の時点では次のグランプリシリーズの試合を控えているので、羽生結弦選手が可能性は高いのではないかと思いますが…
宇野昌磨選手はファイナルの出場決まりましたものね。ファイナルまで試合はないので。でも、ロシア大会で羽生選手が300点超えてこなければ…
変わってきます。
ショートもフリーも2つとも揃えてこないと中々難しい300点。
日本の2人共に是非頑張って欲しいです!!でも、頑張り過ぎて、故障だけはしないよう気をつけてください。

一番乗りは羽生くんだろうな。
回転不足がなければフィンランドでも300点超えていたはず。
本人も狙っていたと思う。

羽生選手でしょう。
彼なら世界最高得点を更新して、新ルールの中でも1人旅を続けるのでは?
そして、数多くの人がそれを見たいと思います。