20181104-00042506-theanswer-000-4-view



 フィギュアスケート男子の羽生結弦が、今季世界最高得点でGPシリーズ初戦優勝という、最高のスタートを切った。直後のインタビューでは、実はジャンプに苦戦していたことを明かした。

──勢いを抑えて丁寧に滑った印象だが。

 終わったから言うんですが、ここのリンク、なかなかエッジ系ジャンプが入らなくて、結構苦戦していたんですね。最終的に今日の朝の練習で、「スピードを出さなければ跳べるな」って思っちゃったんで、ちょっとスピードを落として。特にエッジ系ジャンプ、ループはスピードを落として慎重にいきました。


<みんなの反応>
ボーヤンもコリヤダもなかなかジャンプが決まらず、海外の解説は氷の状態が相当悪いのではと言っていましたが、
本当にそうだったのですね。その中でもあわせてくるのが本当の実力ってことでしょうか。

20%でゴーサイン?!
4回転半は見てみたいけど、怪我だけが心配。
彼の美しいプロが見れるだけで幸せなので、無理しないで欲しい。
 
ストイックだな、といつも感心します。
全日本では、現在の構成でのコンプリートを期待したいので、楽しみにしています。
ケガを恐れてチャレンジしないという選択肢は羽生選手にはないのでしょうから、ゆっくり待ちたいと思います。

海外解説も言ってたな。いつもより高く跳びあがれていないと
スケーティング巧者のコリャダがステップで何度もスタンブルしたし、ボーヤンもジャンプが決まらなかった
それに現地に取材にいった記者は選手が氷が固いと言ってたと話していた。
会場の氷の特性をいち早くつかんで試合に適応させる能力が凄い

羽生選手の豊かな表現力そして美しく見事な演技をみたあとには、私自身いつも勇気をもらえます。
いつも自分自身を冷静に見つめ分析し、課題をかしている。性格もあるのでしょうが、
このようになるまでにはかなりの努力や忍耐、探究心もあるでしょうし、ご家族や周りのサポートも大きいのでしょうね。
これからもケガや病気には気をつけて人々を魅了してください。

いま超難関試験にチャレンジしてるんだけどメンタル面で彼の言葉は色々参考になります。
 
羽生選手の限界を打ち破り一生懸命に取り組む姿勢と必ず結果として見せてくれ誰よりも綺麗なスケーティングは毎回感動します。
次はどんな演技を見せてくれるのかワクワクします。応援にも力が入ります。

勝って行かなければ羽生結弦ではないと、ファンの期待に応えつつ、更に自分自身への挑戦を続けて行く羽生選手。
他の選手が構成を落として新ルールに対応しようとしている中で、これこそ真の王者の風格なのか。何と讃えるべきか、言葉もない!

羽生君の人を惹きつける演技、素晴らしいです。
ファイナルに行けるように、次の試合も頑張ってください。

氷が硬いって事なんでしょうか?アイスホッケーは、氷の硬さによってスケート靴の研ぎ方を変えると聞きました。
フィギュアも氷の質によって滑り方が変わってしまったりするのかもしれませんね。