AS20181116005480_commL



フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯最終日は17日、モスクワで男子フリーが行われ、右足に不安があった五輪連覇の羽生結弦(ANA)は167.89点で、今季世界最高点を自ら更新したショートプログラム(SP)に続いて1位となり、合計278.42点で優勝した。日本男子最多となるGP通算10勝目を挙げ、第3戦フィンランド大会に続く連勝でシリーズ成績上位6人で争うGPファイナル(12月、カナダ・バンクーバー)進出を決めた。


<みんなの反応>
羽生選手優勝おめでとうございます。
友野選手も初の表彰台おめでとうございます。友野選手羽生選手と同じ表彰台にたてて本当に素晴らしいと思います。
 
アクセル2本ミスしたのは初めて見たかもしれない。しっかり足を治してファイナルに備えて欲しいです。

羽生も友野も頑張った。
見ごたえのある試合だった。
2人ともおめでとう。

最終的に30点差の優勝凄い。けど無理しないでよ。

おめでとう!とりあえず足はグランプリまでに完治しそうで安心した。
 
友野選手の3位と日本選手のW表彰台、もっと取り上げて欲しい!

大したもんだ。
おめでとう!!