2018111700023_2




フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦・ロシア杯の男子で、右足首にけがを抱えながら優勝を飾った羽生結弦(23)=ANA=が、絶望的とされたファイナル(12月6-8日、カナダ・バンクーバー)出場に意欲を示した。

 「ファイナルに向けて全力で治療する」

 日本連盟の小林芳子強化部長(62)を通じてコメントした。

 17日の公式練習で4回転ループで転倒し、右足首を負傷。日本男子最多のGP通算10勝目でファイナル進出を決めたフリーの演技後には、チームドクターに「3週間安静」を言い渡されたと明かしていた。


<みんなの反応>
全て選手ファーストで考えてほしい
完治しないまま、出場して、また同じ所を痛めたら、現役引退になるかもしれない
それは、ファンもスケート連盟も望んでいないと思う
金メダルを獲って、今季、本当は休養してもいいのに、試合に出てくれた
完治するまで、ファンは待つ

GPFは世界選手権への選考基準に含まれた試合ではあるけれど、必須ではない
必須なのは、全日本だけ
今まで全日本に出れなくてアンチから特例がどうの、と言われてきたんだから、全日本までに治すことを最優先にした方がいいんじゃないかなぁ...
最終的には本人が決めることだけど。

確か今シーズンの抱負で自分のためにも頑張るみたいな言葉を聴いたような気がする。数々の功績を残されてきたし 
後先何が起こるか分からないのが人生。今はその日その時後悔しない選択をするって考えなのかなって思った。

昨日、羽生選手が会見で漏らした「ファイナルも全日本も厳しい」が本音だと思います。
今日のコメントは、強化部長が出したものだし、本人が言ったかどうかはわかりませんね。