maxresdefault (1)



フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権第2日は24日、福岡市のアクシオン福岡で男女のショートプログラム(SP)があり、女子は横井ゆは菜(愛知・中京大中京高)が61・86点で首位に立った。シニアのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯に出場している本田真凜(17)=JAL=の2人の妹も出場。俳優の望結(みゆ、14)=大阪・関大中=は53・29点で9位、ノービスから推薦出場の紗来(さら、11)=京都醍醐ク=は44・45点で23位だった。男子は、12月のジュニア・グランプリ(GP)ファイナルへの出場を決めている島田高志郎(木下グループ)が82・35点で首位発進した。

以下全文

<みんなの反応>
望結ちゃんは3女、紗来ちゃんは4女だよね。長女はフィギュアしてないけど。

本田望結ちゃんは良い演技で結果も良かったと思うけど、テレビのニュースではフリーでの巻き返しを、
と言われてて、まるで失敗したかのような表現だった、、、
彼女がフリーも良くて順位が上に行けば全日本フィギュア進出もあるのかな?

本田三姉妹は凄いな!本田望結ちゃん良い演技だったな。フリーも頑張って欲しいな。

ryu***** | 2時間前 
本田望結ちゃんも急成長、凄いね。
まだ14歳だし、楽しみだ。