ダウンロード



16歳の新星誕生と、女王の失墜を海外メディアは対比するように報じた。

 米のNBCスポーツは「メドベージェワがGPファイナル出場逃す」との見出しを取り、「国際シニア大会のキャリアで初めて表彰台を逃し、12月のGPファイナル出場を逃した。
 同メディアは、メドベージェワが、2015年から2017年までの2年間は無敗だったが、昨年のGPファイナルを足の骨折で欠場して以来、平昌五輪も含めて、最近5大会では、2位、3位、もしくは4位と低迷していることを紹介。先月のスケート・カナダで3位だったため、GPファイナルに出場するには、今大会での2位以上がノルマだったことを伝え、「彼女は最近1年以上は勝っていない。結局、GPファイナル出場者はすべてロシア選手と日本選手で、世界大会で2度メダルを獲得している宮原知子や2015年の世界選手権覇者のエリザベータ・トゥクタミシェワも加わる」と報じた。
 
  記事は優勝した紀平についても着目。
「16歳で今シーズンから国際シニア大会にデビューを果たした紀平は、トリプルアクセルは回転不足とされたが、2大会連続で着地を成功させ、初となるGPファイナルに進出した」と紹介した。
 紀平は、冒頭のトリプルアクセルでは、なんとか着氷にこらえたが回転不足。続くトリプルアクセル―3回転トゥループの連続ジャンプも、トリプルがダブルアクセルになるなどミスが出たが、他では高い出来栄え点を奪い、逆転Vにつなげた。
「紀平が今シーズンの3大会で負けなしのアリーナ・ザギトワ(ロシア)に対して一番の驚異となるかもしれない」と、平昌五輪金メダリストで、今季も絶好調のザギトワの対抗馬として紀平の名前を挙げた。


<みんなの反応>
久々に日本vsロシアでファイナルか。
日本女子は次が居ないとか、男子よりも次世代が育ってないとか言われてたが、結局空白の時間にちゃんと育っていたんだわ。
次世代が本田マリンだと思って煽りまくるマスコミに晒されなくて上手く育ったんだよみんな。

これで紀平さんは国際的にもザギトワの強力なライバルとして認知されましたね。
ファイナルでは世界の注目の中でどれだけの演技ができるか、楽しみで仕方ありません。

紀平さんは、ミスでは、ないです。最初のアクセルジャンプで今日は、難しいと思いわざとトリプルアクセルをダブルにしたと思います。

最近、男子ばかり見ていたので、世界で勝てる選手が女子でも誕生してくれて本当に嬉しい。
ザギトワさんに是非勝ってもらいたい。
トリプルがダブルにをミスと書いてあるが、本人がインタビューで言っているように、演技中の判断で意図的に変えたんだから、正確に報じて欲しい。

紀平さんは、どのエレメンツも弱点がないですね。
ステップも素晴らしかったしスピンも上手い。
演技も天性のセンスがあるので所作が どこを取っても綺麗。
スタミナもあり トリプルアクセルを二本入れても、最後までスピードが落ちない。
ザキトワを捉えるのは、そう遠くないかも知れないですね。
楽しみです。

厳しい世界だわ、フィギュアに限らないだろうけど。メドベも諦めないで這い上がってほしい。紀平梨花ちゃん、
世間に惑わされないでマイペースで、実力を発揮していってね。


メドべも16歳の時は素晴らしい演技をしていた。体が軽く表現たっぷりだった。それから3年19歳、力を維持するのは大変なことなんだなあ。
比較しても何だが、改めて羽生選手の息の長さはすごいことなんだと感じる。

記事とは関係ないけど テレ朝のGPシリーズ 織田くんの解説がどの選手にも良いところを褒めていて聞いてて優しくて良いなぁと思います。
その後に問題点も言っているし解りやすい。

メドベはアスリート体型に作り変えた体がまだ、 コントロール出来ない印象。
ルッツは改善傾向、アクセルも冒頭に初めて試合でやろうとしていた2A-3Lo以外の単独ジャンプ良くなってる。
ナショナルまでに調子上げらたらいいし。仮に代表落ちしてもこれからこれから。
復調するのを待ってます。

紀平選手、素晴らしいです。おめでとうございます。メドベージェワ選手も、身体が成長してしまうと、
選手生活を終えるロシア選手の新しい道を進んでいると思う。まだまだ先を見据えて
、地道に頑張って、また、素晴らしい演技が見られますよう、応援してます。ロシアでは、珍しい息の長い選手になって欲しいです。