873689_615



プロフィギュアスケーターの村上佳菜子(24)が26日、日本テレビ系「スッキリ」に生出演した。

村上は「リンクによって氷の感覚が違う。紀平選手にとってはフランスのリンクはあまり合わなかったのかなってのはあるかもしれない」と分析し「無理だと思った瞬間に、パッと切り替えれるっていう判断力は素晴らしい」と修正力を称えた。

村上は紀平がザギトワに勝つ方法についてフリップに「(1)GOE(出来栄え点)を稼ぐ(2)取りこぼしをしない」と記した。


<みんなの反応>
確かに紀平選手は気持ちが強く、試合運びも冷静だ。
普通は予定していた最初のジャンプがうまく行かなかった場合、気持ちを切り替えようと思ってもこれ以上失敗したくないと消極的になり、
演技全体が小さくなる。
紀平選手は、失敗しても、その後のジャンプやスピンやステップに全く影響が見られず、堂々と自分の演技に集中しているように見える。
まだシニアに上がったばかりなのにすごい精神力だ。
ファイナル、全日本選手権でものびのびと演技してほしい。
これからも活躍を期待している。

>「無理だと思った瞬間に、パッと切り替えれるっていう判断力は素晴らしい」
紀平選手は、飛べたはずなのに、うまく飛べなかったという事は
ないと思う。3Aの踏み切った瞬間に、出来が90%なら3T、
70%なら2T、70%以下なら単独でというように、練習で体に
覚えこませていると思う。
そのため、失敗時のリカバリーも当然想定していると思う。
ですから、パッと切り替えれるっていうのは、積み重ねた練習の成果
であり、素晴らしいとしか言えない。
本番でその判断が出来たのは、良い経験ですね。

紀平さんのすごいところはトリプルアクセルがアドバンテージになっている点。
トリプルアクセル飛ぶ代わりに3-3がトゥーループ、トゥーループになったり、3-2になったりしない。
しかも回転不足とは無縁。(フランス杯の時は着氷ミスして回転不足だったけど、片足着氷できた時に取られることはあまりない)
だからトリプルアクセル失敗して要素抜けしても、しっかり得点できる。

ザキトワを意識し過ぎず、その日の調子に合わせてガンバだ!
宮原選手も坂本選手も同じ事が言えるので、怪我せずに当日迎えれます様に。

この方は、女性ホルモンによる体型の変化や成長期を過ぎたのでしょうか?その前のジャンプや出来栄えを今 讃えるなら 
4年後の北京には更なる若手が出て勝負となる。オリンピックメダリストと、それ以外の方では その後の人生が大きく変わってくる。
お気の毒としか言いようがない。

宮原知子を忘れないで。
ザギトワと紀平梨花が注目されがだけど、二人ともリスキーな構成でもある。
二人が崩れたらノーミス率の高い宮原が勝つ可能性も充分ある。

勝つ方法。
絶対条件はノーミス。
ショートでのジャンプミスも、
ザキトワ相手では致命的。
頑張れ紀平さん。

安藤美姫が4回転、浅田真央が3Aと跳ぶ事にこだわってたのに対して臨機応変に跳ばない判断のできる冷静さは若いのに大したものだ。

梨花は凄すぎます。
この勢いで、頂点に立つのを見守ります。

今回の女子のGPファイナルは日本とロシアの大会みたいになってしまった。
可哀想な選手が出るかもしれないが、一か国最高二人までくらいの規定は必要かも。