11751807



このまま「かわいいフィギュア選手」で終わってしまうのか。女子フィギュアスケートの本田真凜が悪戦苦闘中だ。

 グランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯に出場し、ショートプログラム(SP)で4位につけたものの、フリーではミスが目立ち順位を落として結局6位止まり。GPファイナル(12月6日開幕、カナダ・バンクーバー)の出場も獲得ポイントがまったく足りず、当然ながらかなわなかった。

 目標としていた平昌五輪出場を逃し、心機一転を図っていたシニア2年目もパッとしない。シーズン初戦のネーベルホルン杯で6位、GPシリーズ第1戦のスケートアメリカでも8位とかなり苦しんでいる。

 それでも各メディアの“真凜推し”は相変わらずだ。つい先日も、彼女のInstagramが更新されただけでニュースになった。結果を残せなかったGPシリーズ第6戦フランス杯でのオフショットとして、リヨンのノートルダム大聖堂で撮影された写真を公開。今シーズンから師事している有名コーチのラファエル・アルトゥニアン氏とリンク上でハイタッチしている1枚も掲載され、これらについて各メディアが詳報した。

 その一挙一動が格好のネタとして追われる姿はアイドル並みの扱いだ。本業のリンクでは低空飛行が続いているのにもかかわらず、スポットライトを浴びせ続けているのだから違和感を覚えざるを得ない。


<みんなの反応>
初めて本田の真っ当な評価の記事を読んだわ。
スケオタも目が肥えてるから、たとえスコアが伸びなくても
台乗りしなくても、その選手の一生懸命さ、ひたむきさに感動するし
応援する。
実際昨シーズンの全日本の本郷選手、三原選手の演技は今までの生きざまを見せられたようで号泣状態になった。こないだのフランス杯の三原選手もしかり。
紀平選手も表現力が去年とは凄まじいほど進化している。
そういった気迫が本田には無い。
 
真凜ちゃんも後押しをする企業も、たぶん、もうアスリートとしての成功を本気で考えてないと思う。
点数を取ることよりも、可憐なフィギュアスケーター人気を維持できれば、妹たちも一緒に広告塔の効果は十分あると考えたのではないかな。
選手本人はともかく、数字で動くシビアなビジネス畑が「才能が開花するかもしれない」なんてことにお金を注ぎこまないだろう。
今の成績だって努力を続けなければ保つことはできないから、彼女なりに頑張ってると思う。

真凛選手はノービスの頃は確かに天才ですごかったけど、マスコミが苦手だったと記憶しています。
だから国内ではあまり良い結果を残せなかった。それがジュニアになったらなぜかアスリートとしては好まれない発言をするようになってしまった。
例えば「私はノーミスは年1回しかしない」とか。平昌五輪には本気で出れると思ってたんでしょうね。どこで勘違いをしてしまったんだろう。
反復練習が嫌いというのはアスリートとしては致命的だと思います。真凛選手が今、何を目指しているのかがよくわかりません。
真凛選手には華があるとよく言われ、テレビで見てるとそういう感じがするけど、生で見ると全然華は感じないです。
アイスショーでも拍手は少ないです。アイスショーに出るには大きな国際大会での肩書が必要だから、
今のままだとアイスショーからも呼ばれなくなるかも。
周りがちやほやしすぎた感じもするから、真凛選手も可哀想なのかも。

真凛ちゃんより上位の成績を残した人達の事をもっとキチンと記事にして欲しい。
優勝した人より真凛ちゃんのことを大きく扱うから、アンチが増える。真凛ちゃんが悪い訳じゃないのに。と、思う。

宮原、紀平、阪本、三原、山下。今シーズンは日本選手が5人もGPSで台乗りしている。
加えて今シーズンは足の負傷で精彩を欠いているが昨シーズン世界選手権メダリストの樋口もいる。
この全ての選手が北京を目指しているが枠は最大で3。皆死にもの狂いで代表を獲りにくるだろう。
シニアに上がってから目立った成績を残していない本田がここに割って入るのは非常に厳しいと言わざるをえない。

>IMGとJALは軌道修正させるべく、スケートに集中しようとしている本田をバックアップ
来季はGPSは1試合しか参加出来ないかもしれない真凛が浮上しなかったら、巨額の投資が回収できず、
なぜ紀平ではなく真凛を支援するのかとの世間の非難を浴び、見る目がないと、会社のイメージを失墜させた担当者がどうなるか、
もう記事が昨年の全日本後に出ている。
しかもJALの場合は上場しているし。真凛が浮上しないシナリオが実現する可能性は高い。
この2つの会社とも、今からでも、紀平に乗り換えたいのが本音だろう。そうした方がいい。

この子が嫌われるのは本人が進んで芸能人気取りでチャラチャラし、練習嫌いでコーチの言うことも聞かずインタビューでも同世代と比べて幼なく、
何より結果を出せていないからでは。
芸能人気取りでも結果を残せてるならカッコいいけど、どんどん抜かれていって、それなのにまだ自己評価は高そうなのが始末におえない。
アスリートとして応援したくなるところが
何一つない。
真凜ファンが可愛いからいいみたいなのばっかりなのもうんざり。

妹がタレントで成功して、姉妹、男子もいるらしいが全員スケートをやっているという、
浅田真央が引退したタイミングで、まだ浅田真央の後継も見えない中、スケートの話題をオリンピックまで引っ張っていくには、
タレント姉妹のスケーターはスケート協会、スケートをバックアップしてきたメディアにとっても格好のネタだった。
タレントの妹をロシアのプルシェンコの自宅まで連れていったり、プルシェンコが日本の練習場に登場して本田姉妹を指導するとか、
話題づくり満載だった。その間に国内では真央後継がどんどん誕生して、本田真凛はオリンピックに出場出来なかった。
その後、本人なりに奮起しているのは演技に感じられるが、真央登場以前の日本ならまだしも、
今の日本女子フィギュアはロシアに並んだかのようなレベルと層の厚さを感じる。
真凛はパリの大会の後、観光してインスタ発信などしていないで、すぐに練習に入る根性でないと上に行くのは難しい。

本人がリセットしようとしているのだから、少しほっとけばいい。それよりも他にも頑張っている選手も取り上げてあげようよ。

浅田真央以降のスターはフィギュア人気を維持していく上でも必要だったし、
本田真凜はジュニア当時世界ジュニア選手権で優勝したこともあってかなり期待されていた。
まして華のある本田にフィギュア・スターとしての期待を寄せたのも当然だったが、持ち上げは時期尚早でしたね。
今は紀平や山下真瑚という先輩を凌ぐ勢いのある若手実力派がデビューした。
本田はもうポスト浅田というプレッシャーから逃れられたと思うので、焦らず芸能的フィギュア・スターとして、実力を伸ばしてもらいたい。