171021mpr_0164-thumb-500xauto-198264



日本スケート連盟は29日、フィギュアスケートのGPシリーズ・ロシア杯で右足首のじん帯を損傷した羽生結弦(23)=ANA=が、出場権を得ていたGPファイナル(12月6日・カナダ、バンクーバー)を欠場すると発表した。
診察の結果、17日の受傷から3週間の安静固定、その後リハビリに約1カ月要すると診断された。12月21日に開幕する来年3月に埼玉で行われる自国開催の世界選手権最終選考会となる全日本選手権(大阪)の出場も難しい状況となった。

以下全文

<みんなの反応>
羽生選手は 残念だし悔しいとは思いますが、出場しないと聞いて ホッとしました。
全日本も リハビリの方が大事なので、出場しない方がいいかと。。。
世界選手権までは期間がありますし、全日本に出場しなくても規定で羽生選手は選出されるはずです。
現時点で 世界最高得点所持者なのですから、問題は無いと思います。
チケットや協賛企業の問題等あるかと思いますが、全日本も棄権すると羽生選手関係者から連絡があったのでしたら、
小出しにせず 早めに伝えてほしいと思います。。

安静の時期でしょうか?慌てず、世界選手権を目標に ゆっくり しっかり治してください。
「痛みをあまり感じないから。。。」でなく、「もう大丈夫だから」まで 頑張って治療 リハビリしてください。
羽生選手が 元気に復活されることを ずっと待ってます!

やはり全日本も厳しいようですね。まだ正式に発表されたわけではありませんが。とにかく足の完治に全力を注いでほしいと思います。
 
>非常に疑問を感じます。 
私は、まったく疑問など感じないですね。(そりゃできれば無理をせず休んでほしいとは思いましたが)
彼は、GPSの中国大会でも大けがを負いましたが試合には出場しました。つまり彼は、
まず目の前にある大会で全力を尽くすということです。もちろん怪我を悪化させてリスクを負うことになるかも知れないが、
それでも自分を見に来てくれたファンの人たち、準備をして下さった大会関係者
そして自分を支えてくれているチームの仲間たちのためにもやろうとしているのだと思います。
その先にリスクがあれば、それはその時に最善の努力をすればいい。今は無理をせずになどという計算や、
滑れるのに滑らない選択肢は、彼には無いのです。
それを疑問に思う人は勝手です。しかしそういう羽生選手だからこそ五輪連覇ができたのであり、
世界中の多くの人が、彼を「史上最高のフィギュア選手」として認めているのではないでしょうか。

出場より治療を優先で当然だし、ファンもそうして欲しいと願っている。
確かに残念ではあるけど、今は無理せず怪我の回復に専念して下さい。

私も過去にダンスの練習でジャンプの着地に失敗して足首の靭帯を断裂、損傷したことがあります。
相当な痛みだし、ジャンプの着地の時は日常生活とは違う動きで大きな負荷がかかっているので、羽生選手もかなりの重症だと思います。
そして、患部が冷えると痛みが増します。
本来なら、2ヶ月はリンクから離れてもおかしくないくらいの怪我だと思いますが、ロシアでフリーに強行出場してしまったことで、
より負担がかかったと思います。
去年の怪我の時も、オリンピックに出場してから、シーズンオフにはアイスショーが目白押しでしっかり治療ができていたのか心配でした。
試合で見れないのは残念ですが、ちゃんと治してから復帰して欲しいです。
 
発表があってホッとした
古傷と同じ所の負傷、怪我の治療に専念して、
完治させて、来年、また素晴らしいプログラムを見せてほしい
世界選手権の選考は、連盟が基準に沿って、正当に選べばよいと思う
羽生選手のFSの完成形を楽しみに、待ってます

ファイナルは怪我をしてから3週間と迫っていたので欠場は賢明な決断だと思います。
全日本選手権はその時に決断されればよいのでは。回復が早い場合もあるし遅れる時もある。
3週間先の出るか出ないかを言っても羽生選手に負担になるだと思うのですが…
今はこれからのためにも羽生選手の右足首を治すことを優先してほしい。

無理しないで、ご自分の事だけを考えて欲しい。
十分に直して万全の態勢で戻ってきて欲しい。

羽生選手は前回の怪我からの復帰後、なるべくたくさんの試合に出たいと言っていました。出場できなくて一番残念で悔しいのは羽生選手だと思います。
経験から復帰までの道のりの辛さが予想できるだけに、気持ちが折れないで乗り越えてほしいと願い応援してやみません。
世界選手権は選考対象に該当するので選出されたら間に合うよう祈っています。

賢明な判断やと思う。