140629



フィギュアスケートは今季からルールが大幅に改正された。シーズン序盤の戦いから、その影響を探る。

 最大の変更点は、ジャンプの基礎点が全体的に下がり、出来栄え点(GOE)の幅が広がったこと。質のいいジャンプはより加点がつくが、転倒したら基礎点が半減と、リスクが増す。

 国際スケート連合(ISU)元レフェリーの城田憲子氏は、「フィギュアは、ジャンプコンテストではない。昨季までの『4回転至上主義』に歯止めをかけ、技の完成度を高めるのが狙い」と説明する。一方で、フリーで繰り返せる4回転を1種類に制限。様々な4回転を跳ばせるためで「技術と芸術を両立させた選手が有利」(城田氏)となる。


<みんなの反応>
一日も早く羽生選手の足が回復し、完成されたOriginを見たいです。
ミスがなければ、羽生選手の演技にはすべてに出来栄え点がプラスにつくと思います。ISUにより出来栄え重視は、
選手には技術と芸術の融合を目指してほしいからで、それは羽生選手の持つ志と一致しています。
羽生選手の回復と復帰を心より祈って、待っています。

正直このルール改正が良かったのか悪かったのか分からない
GOEの幅を広げるのなら先に採点基準の明確化を進めるべきだったと思う
その選手が同じクオリティの演技をしても大会によって点数の差が大きい
ジャンプやスピンは欲を言えばAI判定、せめて多視点から見ないと
採点競技にはありがちだけど、納得のいかない点数が出ることを減らして欲しい
 
演技構成点がものを言う様になったが、さりとて4回転を跳ばないでは話にならない。皆な高難度ジャンプ跳びたいがケガとの紙一重の処で葛藤している。
羽生くんはパーフェクト・パッケージのレベルなので頭1つ抜けている。GOEももっと獲れるはず。
ケガが治っても4Lo跳ばなくてもいいよ。あの美しいお手本の様な4S,4T,3Aが有れば…とファンは思うのだが、それだと本人が絶対満足しないんだよね。
でも右足はもう絶対大事にして欲しい…。

同じ様に質のいいジャンプを跳んでも
選手によって加点に差があると思います。
今の±0~5はジャッジの勝たせたい選手に有利なのではないでしょうか?
 
クワド綺麗に着氷すると恩恵物凄く大きいがミスするととんでもなくマイナスになる
だから追い風だが安定した点数はでなくなるのがね
羽生もミスないと高い点数でるけどミスると危うい点数になるし
クワド飛ぶ選手は苦労してんなと感じるわ
あと、ネイサン、ヴォロ、ナム君のような助走が長〜〜い選手が得してるなと感じるかな
長くてもGOEつくようになったからね
個人的に入難しいジャンプとステップなしの簡単なジャンプに差があまりつかないのが納得いかん
難しさなんて全然違うのに

ジャッジの方々にはくれぐれも公正で平等にジャッジをしてもらいたいものです。
誰が見ても満点が付くようなジャンプに満点をつけず、出し惜しみ?みたいな採点や毎度 えっと思うような技術に甘い採点やら見逃し。
そういうジャッジが度々あるとやはり優遇では?と思わせるような選手がいたり。
ジャッジに不公平さが残る試合を観ているとジャッジのさじ加減でどうにでもなるようなそういう憤りが残るような
試合はもう見たくもないしそういう選手にはやはり白けてしまい魅力にかけるし呆れて応援もしたくなくなります。
ジャッジの皆さんはフィギュアスケート競技の更なる発展の為に公正に平等にジャッジされる事を切に願います。
選手の皆さんも正確でクリーンな卓逸した技術にもとずいた演技を披露される事を希望します。

新ルールでも、フリーには、3種類の4回転は必要だと思う。怪我の影響で、羽生選手の今シーズンは、
どう攻めてくるか分からないが、本人もそれは必要だと考えていると思う。
だからこそ、今は、怪我とリハビリに専念し、無理な調整をしないで欲しい。
自分の納得する体調で競技に臨んで欲しい。
ファンとしては、回復を願い、ひたすら待つのみ。

まずは怪我をゆっくり治して欲しいです。
新しい採点方式でも羽生選手が世界歴代最高得点を出すところを見てみたい。

羽生に追い風というより、元々彼にはどんなルール変更が為されようが対応できる技術力の高さがあるってことなんだよね

この記事は通り一遍のことしか書いてない。
各選手の主要3試合をみるとルール変更で「ジャンプを跳ぶ跳ばない」がより重要となり、ジャンプのできばえは(GOE)はさほど影響を与えていない。
転倒さえしなければGOEは稼げる。つなぎからの入り方、出方や着氷や流れへの評価が甘くGOEが高めに出ている。
チェンが4回転の回数を減らしているのはシーズン序盤だから。
今後は「とにかく転倒しなけれよい、跳んだら勝ち」という傾向になるのは間違いないだろう。