6e1d77cb



フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル第2日(7日、バンクーバー)男子フリーで、ショートプログラム(SP)首位で昨季王者のネーサン・チェン(19)=米国=が合計282・42点で2連覇を飾った。
2位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は275・10点で2位、4位の車俊煥(17)=韓国=は263・49点で3位、3位のミハル・ブレジナ(28)=チェコ=は255・26点で4位、6位のキーガン・メッシング(26)=カナダ=は236・05点で5位、5位のセルゲイ・ボロノフ(31)=ロシア=は226・44点で6位だった。

以下全文

<みんなの反応>
ネイサン選手連覇おめでとうございます。
演技冒頭音楽が直ぐにかからずに集中がと心配しましたが、そんな事はもろともせずに後半は素晴らしい集中力で演技も見ごたえがありました。
さすがは世界選手権覇者ですね。
まずはゆっくり休んで下さい。

またしてもネイサンチェンにやられた。宇野選手にとっては続けて涙を呑む結果となったがチェンは
減点1ポイントあっても優勝したことは何もなかった宇野選手としては演技内容を見直す必要が出てきたなと感じるGPだ。

ネイサンおめでとう。ジュンファンも成長して今後が楽しみです。
それにしても正直今年のグランプリファイナルのメンツは寂しかったですね。

調子悪そうな中、よくこけずに耐えたなあと思う。
最後のステップレベル4も素晴らしい!
羽生さんがいるとネイサンには勝てるのに、
羽生さんがいないと今度はネイサンに負けるのはなんで、、

宇野の演技中、TESカウンター壊れてるんかと疑う上がり方するし、加点減点に納得行かなかった。
最終的に落ちたから安堵しました。男子フリー、全体的にミス多かったですね。

姉さん二連覇。但し絶対王者が不在の大会で。

東洋系表彰台独占か。

宇野選手、調子が悪かったようですが、ミスは最低限にとどめたのではないでしょうか。銀メダルでも素晴らしいですよ。
ネイサン二連覇おめでとう。ジャンプのクオリティもですが、年々表現力やスケーティングが進化しているので見ていてワクワクします。
それにしても4lz…コケるとディダクション含めマイナス6.75は大損失ですね。