6e1d77cb



 フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル第2日(7日、バンクーバー)男子ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=がフリーも2位の183・43点で、合計275・10点で2季連続の2位だった。SP、フリーともに1位で合計282・42点のネーサン・チェン(19)=米国=に2連覇を許した。

 2月の平昌五輪、3月の世界選手権に続く銀メダルに、「決して良い演技ではなかった。『今回こそは』と挑んだけど、うまくいかなかった」とくちびるをかんだ。

以下全文

<みんなの反応>
宇野選手の演技は感情が伝わる感じで大好きです。これまでは飄々とあまり勝ちにはこだわってなかった
からのびのびと演技できてたのかもしれません。勝ちにこだわり、自分にプレッシャーをかけてもなお自分らしい
演技ができることというのは難しいことなんですね。次の次元に立てること楽しみにしてます。頑張れ宇野選手!

宇野選手の演技は重厚でとても好きなんですが
調子が悪いときのジャンプ着氷の癖が気になります
あとフリップの入りかたも。
次のオフに宮原選手のように、ジャンプの教え方が上手いコーチについてみる気はないかな
おせっかいスミマセン
 
ネイサン優勝おめでとう!
今シーズンはスケーティングがさらに洗練されてきましたね。
インタビューの受け答えも毎回完璧で素晴らしい。
ジュンファン銅メダルおめでとう!
今シーズンのフリーは羽生結弦さんへのリスペクトが随所に織り込まれていましたね。

気持ちが先走ってしまったのかな。

踏切も回転不足も多数、彼の4回転ジャンプは何一つまともなものが無い
基礎から学べきれなかった者が言うセリフではない
 
四大陸でリベンジだ!