6e1d77cb




今季からカナダ・トロントに拠点を移したメドベージェワ。現在は試行錯誤中で、記事では、フランス国際の練習では、メドベージェワはダブルアクセル―3回転トウループの新しい連続ジャンプを準備していたが、実際にはプログラムに組み込まなかったことにも触れている。

 これを踏まえつつ同氏は「この連続ジャンプでは本当の複雑化には足りない。なぜならキヒラは2つのトリプルアクセルを持っている。しかし、今度の世界選手権に向けてジェーニャは十分な複雑性を得ることは出来ないと思う」とも強調している。


<みんなの反応>
厳しい戦いになるのは覚悟しての渡加だったのだと思う。でもさらに強くなりたくての決断だったのだろうから、気長に応援したいです。
これまでのプログラムよりも今期のプロのほうが魅力的に感じています。
今期は新たな挑戦をしているケースが多く、男女ともにトップ選手が調子を落としていますが、波は誰しもあるもの。
今シーズン良くなかったからといってマスコミは「あの選手はもう終わった」的な煽りをしないでもらいたいと思います。
どんな酷い記事であれ、大衆が目を通せばそれが世論にもなりかねないですから。

環境を変えて完全にフィットしきれない今の時期を腐らず頑張ってほしい、まだまだいっても若いしいくらでも復活の可能性は秘めている。
四苦八苦して努力している姿をテレビで拝見しただけに純粋に応援してます。

何をもって復活というかによります
今シーズンのワールドやユーロのメダルならば不可能ではないけれど
来季以降はかなり難しい
メドベージェワ選手はすごく頑張ってルッツエラーを修正してMAXだとおもいますが
その上をいく選手が国内でも複数いるのが現状来季は新陳代謝を繰り返しながら更に増えていく
メドベージェワ選手が突然3Aやクワドを安定して跳べれば別ですが厳しいと言わざるを得ない

クドリャフツェフ氏の言うスピードとプログラムの難度を上げるべきというのは勿論間違いないところだが、
身体が大きくなったことでメドベージェワが失ったものそれ自体だからなぁ
即効性でいうと、また無理な階級に留まるボクサーのような減量をせざるを得なくなる。
メドベージェワはそうではない解決策を求めて、大型でも大成した選手の多い北米に渡ったのだから、今は静観するべきじゃないかな。
彼女は長く競技をしたいと言っている。金メダルには届かなくても、一定の実力を持ち氷上で自分を表現出来る選手を目指している。
 
あれほど無双だったメドべがこういう状況になるとは去年の時点では想像もつかなかった。

カナダに拠点を移したのは、オリンピックでロシアという国を背負っての参加でなかった事も多少なり影響したのだろうと思う。
母国に固執する必要もなくなった。
新天地でもっと自分を高めたい。
そんな思いも汲み取れる。
体型の変化。怪我からの復調。
今が一番辛い時ですね。
少女時代は今まで培ってきた練習通りに臨めば良い。
だが、経験を重ねてくると、理論が必要になってくる。
理論を勉強し、その理論に身体の動きを合わせていくのが難しい。
羽生選手などはそこまで完璧だ。
高みに臨むというのは本当に難しい。

マスコミはいろいろ言うけれど、メドベに今季の活躍を求めるのは酷だと思う。
環境を変えて、スケーティング自体も見直している最中なんだから。というか、始めたばかり。
そんな中でも試合で上位にはいるんだから、立派だと思う。
メドベには時間をあげてほしい。
彼女はまだ若いのだから、気持ちをしっかり持って取り組めば出来ると思う。
「複雑さが必要」なのは当人もわかっていると思う。
オーサーのところでしっかりスケーティングを身につければ、ジャンプも安定するはず。
そうなれば、複雑なことが出来るようになるのでは?
私は彼女がカナダに移籍してからの演技のほうが好き。彼女らしさが出てるから。
もっと良くなると期待している。
なんにしても、焦らず頑張ってほしい。
 
コストルナヤのスケーティングは
シニアに行っても通じるな〜と感じた。
メドベージェワは今シーズンは厳しいのかな。
でも、環境を変えてまだ1年。もう少し長い目で見たい、、
と言ってるうちにジュニアが上がってくるのか、、。
それにしても、トゥクタミシェワは肺炎ですか。
今期調子良かったのに、世選の代表どうなるのかな。
 
女子選手の活躍が10代だけなんて悲しすぎる。
勿論、大人になるにつれて体型変化あり、体重増加ありで、条件はわるくなるかもしれないけど。
コストナー選手や引退前の鈴木明子さんみたいに20代後半でも選手として試合に参加できるといいね。
ただし、メドベはたた参加したり上位にいければ満足したりするレベルの選手じゃない。
金メダルを狙ってのコーチ変更だものね。道は厳しそうだけど、頑張ってほしい。

SPのジャズを笑顔で軽快に演技して欲しい。こわばった顔つきで滑るような曲ではないです。
昨年までの顔芸を完全に封印しなくても。腰回りが大きくなったのかスピードも落ちた。
昨年まではあり得なかったスピンやステップの取りこぼしも気になります。
エテリコーチがいかに彼女の弱点を隠して長所を上手く引き出してたかが今わかりました。