6e1d77cb



スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。

ピンと胸を張り、意思を持った指先からは神経を感じさせる。

一際小さな体から醸し出す色気とクラシックな曲調。
僕にとっての宇野昌磨のイメージは表現者だ。


<みんなの反応>
全日本ではSPが終わったあと何か吹っ切れたような佇まいでした。
怪我の功名とでもいうのでしょうか。
決して怪我はいいことではないのに、その怪我が自分を信じるに繋がったのでしょうね。
FSでは絶対勝つという気迫が観てる方の気持ちまで高ぶらせた演技でした。
SP、FS共に最高でした。
日本には世界のトップで戦える選手がいる、本当に頼もしいしこの先もずっとそうであってほしい。
次は四体陸、そしてワールドですね。
また素晴らしい演技期待しています。
 
宇野選手の演技を見ると心が揺さぶられる。
身体の小ささを感じさせない、スケールの大きい演技が大好きです。
これからも頑張って欲しい選手の一人です。

全日本の宇野は気迫を感じましたね。
怪我を負ってしまった彼が見せた執念。
怪我というハンデが危機感となって彼を奮い立たせたのでしょう。
彼が集中力を発揮してくるとわかる凄さ。
将来羽生に追いつくことは充分可能だと思った大会だった。

宇野選手の良さは不安定な氷の上でも揺るぎない上半身の美しさだと思います。その上半身の美しさが存分に感じられる一枚ですね。
『月光』は前半は宇野選手の特徴である激しい振り付けか少なく、最初は少し物足りなさを感じましたが、シーズン進むにつれ、
一つ一つのポーズが完成度を増し、とても美しくなってきたと思います。
目力の強さも素敵です。

今回の全日本も、モチベーションの維持、戦う姿勢、気持ちのコントロールの、、、難しい試合だったと思います。
でも、今回の宇野昌磨は強かった。怪我をしたのもあると思うが本人も強くあろうとし困難から逃げなかった。
それが演技にも現れてすごい気迫を画面越しにも感じました。
強い心を手に入れたなら、相手が誰でも勝てると思います。
いつか試合を見に行きたい!

宇野選手の演技にはいつも気迫という言葉がしっくりくるなと感じています。全日本は特に凄み、気迫、魂からの演技だと思いました。
人を感動させることのできるスケートが好きです。

オリンピックを経て今まで以上に責任感を持って挑むと決めていた全日本選手権での怪我。それが更に凄みを増した演技に繋がり、
自分を信じるという力を得たのではないかと思います。全日本選手権は選手にとって、特別な試合なんだと毎年感じます。

宇野選手の強さと美しさと凄味が一目でわかるいい写真ですね。
 
もともと演技に凄みはあったけど、オリンピック以降風格も漂うようになった。
オリンピックとミラノワールドでのトゥーラン、スケカナの月光、全日本の天国と月光は、本当に心揺さぶられる演技だった。
1年のうちそんなに何度も心にせまる演技ができる選手もそういないだろう。
でも、全日本あれだけ気迫溢れる演技をしながら、実はフリーのズボンを前後ろ逆にはいてたという。。。
そういうところも好き(笑)

心に残る演技をするスケーター。
たくさんフィギュアスケーターはいますが、
何度も何度も繰り返しその演技を
観たくなるスケーターが宇野昌磨。
理屈なんてなくてただただ魅せられる
そのスケーティングに!
今期もあとわずかですが、
彼の演技を楽しみにしてる!