6e1d77cb



フィギュアスケートのチャレンジ・カップ第3日は23日、オランダのハーグで行われ、女子ショートプログラム(SP)で16歳の紀平梨花(関大KFSC)は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が2回転半になるなどミスが重なり、66.44点で2位だった。昨季の世界選手権2位の樋口新葉(東京・開智日本橋学園高)は62.70点で4位。

以下全文

<みんなの反応>
チャレンジカップ女子シングルSPで紀平梨花選手が2位、樋口新葉選手が4位、発進でした。紀平梨花選手は四大陸選手権で負傷、それから日も無く体力回復が不十分の中での世界選手権に向けての試合ですが、怪我に気を付けつつも、体力回復不十分な中でどれだけ力が発揮できるか、頑張ってください!!同じくチャレンジカップに出場した男子シングルジュニア総合優勝の高難度ジャンプに挑んでいる佐藤駿選手と同世代の期待の若手である同シニア総合2位の鍵山優真選手の印象は総合力があって下半身が安定している感じでした。同シニア総合優勝の山本草太選手は将来的には4回転ジャンプの種類を増やすかもしれませんが、4回転ジャンプと3回転半ジャンプを含めてジャンプの安定感が増した感じがしました。

紀平選手は今回はお休みしてしっかり指を治した方が良かったのではないでしょうか?
心配です。
樋口選手はしっかり強気で攻めて欲しい!
出来る!出来る!

新葉で"わかば"と読むのですね。
ご両親はもしかすれば、一葉と命名したい気持ちもあったのでしょうか。

日本人選手だけじゃなく上位選手の情報も。アホな記者が記事にするとこうなるんでしょうね。

男子のワンツーフィニッシュは予想通りでしたね。
山本、鍵山おめでとう。
女子もおそらく同じだろう。
但し、樋口に重大なミスが無ければ。
FSで挽回頑張れ。

紀平さん、樋口さん、頑張って下さい。

フリーで,また逆転するでしょう。
紀平選手の必勝パターンです。