6e1d77cb



 フィギュアスケート世界選手権第3日(22日、さいたまスーパーアリーナ)女子フリーで、坂本花織(18)=シスメックス=は合計222・83点で5位に終わった。

 --演技直後はどんな心境だったか

 「(4位だった2月の)四大陸選手権の後から練習してきた。十分に出し切れなかったことが一番悔しかった」

 --連続ジャンプの予定が最初が決まらずに1回転ジャンプとなった

 「何かがずれて、あの失敗になった。僅差で負けてしまうので、なくせるようにしたい」

 --終盤、しっかりリカバリーした

 「(3回転)ループを確実に決めることをまずは考えた」


<みんなの反応>
惜しくも表彰台を逃したけれど、さかもっちゃんの柔軟な筋肉は正義。
男女通じてもベストな筋肉、ていうか筋肉の使い方が上手い=身体能力が高い。曲と振り付けも柔軟性を引き立てている。次も楽しみにしています。

ミスをすると世界では通用しないという事が解っただけでも、価値のある大会だったと思うしかないかな。

来期の坂本選手に必要なことは、トリプルアクセルの練習よりも3ルッツをショートに入れること。ルッツが苦手な選手は不安定な成績しか残せない