フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    女子


    m1

    1: 2017/01/28(土) 12:11:10.97 ID:CAP_USER9
    跳びすぎでもメドベージェワが世界最高V ついにキム・ヨナの記録上回る

    デイリースポーツ 1/28(土) 11:50配信

     「フィギュアスケート・欧州選手権」(27日・チェコ、オストラバ)

     女子フリーが行われ、エフゲニア・メドベージェワ(17)=ロシア=が、自身の持つ世界歴代最高を更新する150・79点をマーク。総得点では10年バンクーバー五輪でキム・ヨナ(韓国)が記録した228・56点を上回る世界最高の229・71点で2連覇を達成した。

     メドベージェワは冒頭の3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプを成功させると、続く3回転ルッツは不明瞭なエッジでのジャンプの判定。終盤には4回目のコンビネーションジャンプ(規定では3回まで)を跳んでしまうミスもありながら、すべての要素でGOE(出来栄え点)の加点がつく内容。表現力を示す5項目の構成点でも9点台を並べる圧倒的な内容。

     10年バンクーバー五輪でのキム・ヨナの記録を更新した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00000033-dal-spo

    【【フィギュア】メドベージェワが世界最高V ついにキム・ヨナの記録上回る】の続きを読む

    image_001

    1: 2017/01/20(金) 11:00:51.02 ID:CAP_USER9
    日刊スポーツ 1/20(金) 9:58配信

     フィギュアスケート女子の本田真凜(15=大阪・関大中)がこのほど大阪府内で、
    スポンサー契約を結ぶヘルスケアベンチャー「アクアバンク」(本社大阪市)の
    PR写真撮影に臨んだ。「研究員」をテーマに白衣姿になると、新商品の携帯式水素吸引器
    「KENCOS(ケンコス)2」などを手にノリノリ。約5時間の撮影に疲れも見せず
    「白衣は初めて着たので、すごく新鮮。なりきった感じで演技しました」と
    笑顔を振りまいた。

     美容、健康効果がある商品に触れ、真凜の意欲はさらに高まった。日常的に取り組む研究は
    「ヘアメークですね」と即答。こだわるのは薄いピンクの衣装で
    「ふわふわした感じにしたい」というショートプログラム(SP)と、濃いピンクを
    着用するフリーで違いを出すこと。以前まで「口紅の色だけだった」使い分けだが、
    目など他のパーツにも気を配るようになった。

     2連覇の懸かる3月の世界ジュニア選手権(台北)では、目元を色づけるアイシャドーを、
    地味な茶色からピンクに変えることを視野に入れているという。さらには
    「髪形も変えるかもしれません」と細部にもぬかりはない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-01767681-nksports-spo
    研究者を意識した白衣姿で、笑顔を見せる本田真凜(撮影・田崎高広)
    no title

    【【フィギュアスケート】CAの次は白衣の本田真凜 コスプレ第2弾「新鮮」】の続きを読む

    このページのトップヘ