フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    浅田真央

    d3392-147-486297-0


    1: 2017/05/03(水) 17:11:59.85 ID:CAP_USER9
     国民的スケーター「浅田真央」が現役引退を表明してから、3週間余が過ぎた。愛知県県民栄誉賞を受賞し、ウォーターサーバーのブランドパートナーにも就任。その存在の大きさは日に日に大きくなるばかりだ。

     4月24日に緊急発売されたAERA増刊「浅田真央 すべてを抱きしめたい。」(朝日新聞出版)は、彼女のスケート人生を名シーンと厳選記事で振り返る保存版。巻末では、浅田が引退記者会見で唯一、憧れの人として名前を挙げた伊藤みどりが、同じジャンプをきわめたからこそわかる「浅田真央がトリプルアクセルを跳び続けた理由」について語っている。

    *  *  *
     浅田真央といえば、トリプルアクセル。私が1988年に世界の女子選手で初めて成功させたジャンプで、元は私の代名詞。真央が受け継いで、跳び続けてくれました。本当に誇らしいことです。

     女子にとってトリプルアクセルは、他の誰もやっていない、自分だけがアピールできるジャンプです。他の誰もやらないことに自分だけが挑戦できる。アスリートとして、こんな幸せなことはありません。強いモチベーションを維持できるし、達成感や充実感もひしひしと感じることができます。

     真央にとってもトリプルアクセルは「自分らしくあるために必要なもの」だったと思います。トリプルアクセルを決めることが、イコール自分のべストを尽くすこと。その戦い方こそが、真央の必勝法でした。

     でも、いまのルールでは女子はトリプルアクセルがなくても勝てる。むしろ「3回転+3回転」の連続ジャンプをきれいに決めればトリプルアクセルはいらない、というのが「勝ち方のセオリー」になっています。トリプルアクセルは8.5点で、「3回転ルッツ+3回転トウループ」は10.3点ですから。現世界女王のエフゲニア・メドベジェワ(ロシア)も、トリプルアクセルなしで世界最高点を塗り替えました。女子にとっては難易度のわりに得点が低い。だから誰もやろうとしないんです。

     それでも真央は、トリプルアクセルを跳ぶことを選んでくれました。すごいことです。得点が高いから、跳べば勝てるから、跳ぶんじゃない。真央の戦い方は、「誰もやらないことをやる」。自分を自分で鼓舞する生き方をみせてくれました。その心意気こそが、真央のスケートだったと思います。だからこそ真央の演技は、世界中が応援する、心に残るものでした。

     5歳でスケートを始めてから21年。真央を支えてきたのは「負けず嫌い」の精神でしょう。真央と私では、真央のほうが負けず嫌いですね。私には、トリプルアクセルの調子が悪ければ跳ばないという選択肢がありました。でも、真央は絶対にトリプルアクセルを跳びましたよね。どんな状況でも試合になると気合を入れて、とにかく跳ぶ。「トリプルアクセルやりたい度」を数値にしたら、私が70で真央が90くらいでしょうか。

     7人の女子がトリプルアクセルを成功させていますが、オリンピックで成功させたのは私と真央だけです。4年に1度の人生の大舞台で成功させるとなると、ハードルが上がります。本番は回避するか、そもそもオリンピックのチャンスに恵まれないか。

     私はアルベールビル五輪のフリーで1本目を失敗し、もう一度挑戦して成功。ミスなんてすべて忘れて、本当にうれしかった。真央は、バンクーバー五輪で3本すべて降りました。これは尋常ならぬ快挙。19歳で身体も絶好調でしたが、真央の「やりたいものは、やりたい」という強い気持ちがなければできなかったと思います。

     私が真央につないだトリプルアクセルのバトンは、日本の女子選手の誰かに受け継いでほしい。できることなら、日本の「お家芸」にしてほしいです。昨年は、ジュニアの紀平梨花(14)が成功させました。1人がやりだすとその世代のみんなが挑戦するものです。日本女子が競い合って、トリプルアクセルに挑んでほしい。

     真央には、「トリプルアクセルを受け継いでくれて、本当にありがとう」と言いたい。真央がトリプルアクセルと向き合った精神は、必ず次の人生でも、壁にあたった時に自分の支えになるはずです。挑戦し続けた自信を胸に、これからも真央らしく輝いてね。

    (構成/ライター・野口美恵)


    更新 2017/5/3 07:00
    https://dot.asahi.com/aera/2017050200038.html
    no title

    no title

    【【フィギュアスケート】伊藤みどりが語る「真央と私のトリプルアクセル」】の続きを読む

    C-vVS47WsAA_HhL


    1: 2017/05/01(月) 13:16:52.14 ID:CAP_USER9
    先日、浅田真央さんのフィギュアスケート選手からの現役引退発表を受けて、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気さんがラジオ番組の中で
    「グダグダ辞めていったんだね」とコメントしたことが、ネットで大きな話題となりました。

    この岩井さんの発言に対し、「三流芸人が一流選手をバカにするな」「早く謝罪してください」など、ネット上で反発する人たちがいた一方、
    「金メダルを取ってないのに、なぜ悲劇のヒロインとしてもてはやされるのか」「浅田真央を批判するのがタブーという空気が怖い」といった意見も出るなど、ちょっとした炎上騒ぎになったようです。

    ■人気は国民スター級

    確かに考えてみれば、浅田さんの五輪でのメダルはバンクーバー(2010年)の銀メダル一つ……。アスリートの世界には、オリンピック3連覇や4連覇を成し遂げた女子選手も存在するわけですから、
    成績の面だけで判断すれば、ナンバーワンの超一流選手とは言えないのかもしれません。

    ですが、先述した騒ぎを含め、浅田さんはとにかく話題や注目を集める人気者。世間の注目度の高さで言えば、やはり国民的スターの域にあります。
    浅田さんを見ていると、必ずしも成果と評価(人気)が比例するわけではないのだなぁとつくづく感じます。

    幅広い人々に浅田さんが愛される理由について、今さら私が分析するのもおこがましいのですが、あのあどけないキュートな笑顔、真摯でピュアな雰囲気、トリプルアクセルにこだわり続ける芯の強さ、
    これらギャップある要素の共存が好感度の高さにつながっているように感じます。

    また、ソチ五輪(2014年)も劇的でした。16位と出遅れたショートプログラムから、フリープログラムでは女子ではまだ誰も成功させていない「トリプルアクセルを含む6種類の3回転ジャンプ」の構成にチャレンジし、
    すべて着氷させ、スタンディングオベーションの中での巻き返し。

    このソチ五輪での復活劇は、浅田さんの「前進力」と「芯の強さ」、そしてトリプルアクセルにこだわり続ける「頑固さ」と「初志貫徹の精神」を集約した物語として、多くの人たちの心に響きました。
    私自身もこの浅田さんのフリーの演技は録画し、いまだに保存しています

    炎上騒動も含めて、浅田さんのニュースを見ていて、思い浮かんだキーワードが「愛嬌(あいきょう)」です。彼女が愛される理由の一つではと思ったのです。
    女性読者の多いこのコラムで「愛されるには愛嬌が大事」というと、何かと反発があるかもしれません。しかし、愛嬌の大事さは男女を問いません。

    例えば、ビジネスの世界で数字上の仕事の成績はトップクラスでも、人間的な魅力に欠けるために人気や評価が低い人がいたりする一方、
    ナンバーワンの成績は出していなくとも、まずまず合格点の仕事ぶりと人柄の良さから人望があつく、皆から評価されている人がいたりします。

    >>2以降につづく

    2017/5/1 鈴木ともみ
    http://style.nikkei.com/article/DGXMZO15806430X20C17A4000000?channel=DF050120171616&page=2

    【【フィギュア】<人気は国民スター級>周囲を幸せにする 浅田真央さんの「愛され力」とは?】の続きを読む

    C-UlYrjWAAAE-pL


    1: 2017/04/26(水) 16:43:55.02 ID:CAP_USER9
    オリコン 4/26(水) 15:19配信

     文藝春秋は26日、今月21日に発売したビジュアル・スポーツ総合誌
    『Sports Graphic Number』の特別増刊号『永久保存版 浅田真央 ON THE ICE 1995-2017』
    について、2刷3万部の増刷を決定したことを発表した。これで累計発行部数は
    20万部となった。

     フィギュアスケート・浅田選手の 21年間の競技人生を辿る特集号は、発売開始直後から書店、
    オンライン書店、コンビニともに売れ行き好調で売り切れが続出。ゴールデンウィーク前に
    初版17万部が完売する見通しとなり、雑誌としては異例の増刷を決定。Numberが重版するのは
    一昨年、2015年10月発売のラグビーW杯日本代表特別増刊『桜の凱歌。』以来となる。

     編集長の松井一晃氏は「浅田真央さんが初めて誌面に登場した2003年1月9日発売の
    567号以来、小誌は14年にわったって彼女の笑顔と涙を追い続けてきました。今回の特別増刊号は、
    浅田真央さんの21年間にわたる競技生活の“ベストアルバム”を創るつもりで、編集部一同、
    精魂こめて制作いたしました」とコメント。

     読者からも「浅田真央さん、何度見ても美しい涙と笑顔です」
    「写真がキレイで、とにかく華がある。泣けてしまう」といったメッセージも届いていると
    明かし「その永久保存版が、彼女を応援しつづけてきた読者の皆さんの支持を受けたこと
    大変うれしく思います」と喜んでいる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000344-oric-ent


    【【フィギュア】『Number』浅田真央の特別増刊号が好調 売り切れ続出で異例の3万部増刷】の続きを読む

    dbdf725cf026081460103ddd910e624c


    1: 2017/04/21(金) 18:05:07.51 ID:CAP_USER9
     4月10日にフィギュアスケート競技選手としての現役引退を表明し、12日に都内で引退会見を開いた浅田真央。今後もアイスショー出演などでフィギュアに関わっていくようだが、テレビ界からはキャスター転向にも期待が寄せられている。

    「好感度の高い真央には、各局スポーツ番組の解説者などのオファーが殺到するでしょう。そこで現在、今後の真央のタレント活動を万全態勢でサポートすべく、大手芸能事務所のバックアップによって新事務所設立の動きが出ています。
    一部では、姉の浅田舞も所属する“ファミリー事務所”になるともいわれていますが、実は今、舞だけではなく安藤美姫もここに所属するという説が浮上しているんです」(芸能プロダクション関係者)

     しかし、真央と安藤といえば、かねてから“不仲”とのウワサがある。

    「たとえば、以前テレビカメラが入っていたパーティーで、安藤が真央の目の下のクマを指摘して『まっくろくろすけ』とからかい、真央の表情が曇るというシーンが放送されたんです」(テレビ局関係者)

     また、安藤は2014年のソチ冬季オリンピックの時も、真央が16位に沈んでいた日に、そのライバル選手といえる韓国のキム・ヨナをTwitterで絶賛するなどして、ネットユーザーから「真央ちゃんへの当て付けか?」などと批判されたことも。

     こうした経緯から、真央と安藤には確執があるのではないかとみられているが……。

    「実のところ、両者はとても仲が良いので、事務所が一緒になることに抵抗はないでしょう。むしろ話題性があるし、浅田姉妹と安藤が同じ事務所で活動するのは、かなり合理的といえます」(前出の芸能プロ関係者)

     ただ、安藤単体での“嫌われぶり”は、やはり心配されているそう。

    「安藤のアンチの多さはフィギュア界では群を抜いていて、ネット上で炎上したケースも枚挙にいとまがない。そのことで、浅田姉妹にまで迷惑が及ばなければいいのですが……」(同)

     安藤にとっては、イメージ抜群の真央と同じ事務所に入ることはプラスでしかないが、そのせいで浅田姉妹サイドのマイナスにならないことを祈るばかりだ。

    https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_51778/

    【【フィギュア】浅田真央、安藤美姫と新事務所設立の動き 「実のところ、両者はとても仲が良い」不仲説の真偽を関係者に聞いた!】の続きを読む

    このページのトップヘ