フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    浅田真央

    asadamao


    1: 2017/04/11(火) 17:42:55.17 ID:CAP_USER9
    引退を発表した女子フィギュアの浅田真央(26)が12日に行う引退会見を、NHKがテレビとラジオで生中継することが11日、分かった。総合テレビで午前11時25分から同11時54分の枠で、通常はローカル枠の情報番組「ひるまえほっと」を差し替えて、全国に向けて会見を放送する。

     NHK関係者によれば「スポーツ選手の引退会見を生中継するとなると、最近ではめずらしい」と破格の扱いとのことで「多くの人注目され人気があった」という点なども考慮して決めたようだ。その後も6分間の気象情報を挟み、場合によっては正午のニュースでもそのまま生中継する可能性もあるという。ほかにも引退会見はラジオ第1で午前11時30分から50分まで生中継する。

     またBS1では、12日に午後8時~午後9時50分の枠で、浅田真央選手の引退特番として「NHK杯 氷上のメモリーズ『浅田真央』」の放送を決定。2014年元日に放送した番組の再放送で、浅田真央選手が出場したNHK杯での演技を特集したものとなっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000097-dal-spo

    【【フィギュア】<浅田真央の引退会見>NHKがテレビとラジオで生中継!「スポーツ選手の引退会見を生中継 最近ではめずらしい」】の続きを読む

    C9D2DFRVwAArZ3B


    1: 2017/04/10(月) 23:13:49.26 ID:CAP_USER9
    浅田真央が引退「選手として終える決断致しました」

     女子フィギュアスケートのバンクーバー五輪銀メダリスト・浅田真央(26=中京大)が10日、ブログで引退を発表した。

     「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。
    今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。
    ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。
    その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。
    実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。
    復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。
    そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。
    このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。
    この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。
    皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました」(原文のまま)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-01805741-nksports-spo

    【【フィギュアスケート】浅田真央さんが現役引退 お疲れ様。本当にありがとう!】の続きを読む

    index


    女子フィギュアスケートのバンクーバー五輪銀メダリスト・浅田真央(26=中京大)が10日、ブログで引退を発表した。

     「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました」(原文のまま)

    参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-01805741-nksports-spo


    【【速報】浅田真央、現役引退】の続きを読む

    07bccf41-s


    1: 2017/04/04(火) 15:15:48.75 ID:CAP_USER9
     フィギュアスケートの元世界女王、安藤美姫(29)が3日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。来年の平昌五輪出場を目指す女子の浅田真央(26)=中京大=にエールを送った。「浅田選手の場合はクリエイトしてきたので、やるべきことはもう悔いはない。どれだけ自分の愛するスケートを追求するかになってきていると思うので、結果とか五輪出場ではなくて、彼女のスケート人生を応援してあげてほしい」と語った。

     世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)で、日本女子は四大陸選手権女王の三原舞依(17)=神戸ポートアイランドク=が5位と健闘したが、初出場の樋口新葉(16)=東京・日本橋女学館高=は11位、宮原に代わって出場した本郷理華(20)=邦和スポーツランド=は16位に沈んだ。上位2人の順位合計は「16」となり、3枠獲得の条件となる「13」に収まらず、2枠にとどまった。

     また3季ぶりで日本男子としては初となる2度目の優勝を果たした羽生結弦(22)=ANA=を絶賛。フリー世界歴代最高を更新する223・20点をマークし、合計321・59点でショートプログラム(SP)5位からの大逆転劇に「最後まで勢いが衰えなかった演技は初めてといっていいほど、素晴らしかった」とほめた。

     羽生は1日に行われたフリーで冒頭の4回転ループを決めて勢いに乗ると、4回転サルコーも流れるように降り、ともに出来栄えで2点を超える高い加点を獲得した。続く4回転サルコー-3回転トーループの連続ジャンプは、今季5戦すべてで失敗し鬼門となっていたが果敢に挑戦し、初めて成功させた。

     次の4回転トーループも決めると、ほぼ満員の会場がわいた。卓越した表現力で観衆を引き込み、今季初めてとなるノーミスの演技で、2015年のグランプリ(GP)ファイナルで自身が持つフリーの世界最高得点を3・72点更新。3季ぶり2度目の世界一に返り咲いた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170403-00000520-sanspo-spo

    【【フィギュア】安藤美姫、浅田真央にエール「結果とか五輪出場ではなくて、彼女のスケート人生を応援してあげてほしい」】の続きを読む

    1: 2017/02/27(月) 17:49:53.65 ID:CAP_USER9
     2018年の韓国・平昌五輪の舞台となるリンクでメダル候補に躍り出たのは、まだ17歳の三原舞依だ。2月18日のフィギュアスケート四大陸選手権で、初出場ながら世界の強豪を抑えて優勝した。初出場・初優勝は2008年の浅田真央(26)以来の快挙だった。

     だが、この“新ヒロイン誕生”にも世間はイマイチ盛り上がっていない。優勝翌日のスポーツ紙でも1面で報じたのはわずか1紙(スポニチ)のみ。その理由は「浅田真央」にあるとスポーツ紙フィギュア担当記者が話す。

    「まだ日本国民にとって女子フィギュアといえば、“真央ちゃん”が最高のアイドルなのです。彼女の存在が大きすぎて、他の選手に大きな関心が集まらない」

     三原は全身の関節が痛む「若年性特発性関節炎」という難病を抱えている。そのために昨シーズン後半は半年間の療養を余儀なくされた。現在も通院が欠かせず、薬を飲みながら練習に励んでいるという。

    「病気を言い訳にしない」と語って試合に挑む彼女の健気さに声援を送るファンも多い。そんなシンデレラストーリーを持つ彼女ですら浅田の前ではかすんでしまうのだ。

     四大陸選手権の視聴率もそれを物語っている。浅田が出場して優勝した2013年は、女子フリーで16.3%の高視聴率を叩き出したが、浅田不在の今大会は9.5%と低迷した。フィギュアに詳しいジャーナリストの青柳雄介氏が語る。

    「真央ちゃんは15歳の頃から“国民の娘”として期待に応え続けてきた。いまは長らく続く不調に苦しんでいて、今回の四大陸選手権にも出場できないほど成績も奮わない。しかしそれでもファンの多くは心のどこかで真央ちゃんの復活を信じているのです。だから三原以外にも、日本選手権で勝った宮原知子(18)など期待の若手が出てきても、他の選手には“浮気”できない。現状では平昌五輪出場は現実的ではありませんが、“真央ちゃんなら”と奇跡を信じているファンは多いんです」

     浅田が現役のうちは、「ポスト真央」は現われないのかもしれない。

    2017.02.27 16:00
    ※週刊ポスト2017年3月10日号
    http://www.news-postseven.com/archives/20170227_496623.html?PAGE=1#container
    no title

    【【フィギュアスケート】新ヒロイン・三原舞依誕生でも消えない「真央の存在感」】の続きを読む

    o0800119912843621446

    1: 2017/01/17(火) 19:43:05.51 ID:CAP_USER9
    浅田真央選手、今季後半の国際大会に出ず 本人側の希望

     フィギュアスケート女子の浅田真央(26)=中京大=が今季後半の国際大会に出場しないことが、17日の日本スケート連盟の理事会で決まった。
    浅田側の希望がなかったという。浅田は昨年12月の全日本選手権で12位にとどまり、世界選手権(フィンランド)や四大陸選手権(韓国)、冬季アジア大会(札幌)の出場を逃した。
    来季については現役を続ける意思を示していたが、今季後半に他の国際大会に出るかどうかは明言していなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000057-asahi-spo

    浅田真央 今季の海外大会出場はなし 平昌五輪シーズンに備える
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000053-dal-spo

    【【フィギュアスケート】浅田真央選手、本人側の希望で今季後半の国際大会に出ず 平昌五輪シーズンに備える】の続きを読む

    このページのトップヘ