フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    浅田舞

    1: 2018/01/13(土) 18:12:19.47 ID:CAP_USER9
    TBS系「第45回JALホノルルマラソン」(後4時)が13日放送され、元フィギュアスケーターの浅田真央さん(27)が初フルマラソンに挑む姿に密着した。

    真央さんは初めてフルマラソンを走るにあたり、2017年10月から3か月で400キロを走り込むなどの練習を重ねてきたという。

    「新しいことに挑戦したい」とホノルルマラソンに挑戦することを決めた真央さんは、「4時間半を切りたい」と意気込みを見せた。

    スタートしてから20キロ地点までは、「沿道やランナーの声援が力になる」と笑顔を見せていた真央さんだったが、30キロ付近で雨が降り出すと、「ちょっときついけど、逆に涼しくしてくれる」と語った。

    その後、フィギュアスケーター時代に痛めた左膝が痛み出し苦悶の表情を浮かべるも、姉でタレント・浅田舞(29)が応援に駆けつけると再び笑顔に。しかし、沿道から舞が手作りおにぎりを差し入れようとしたが、それは振り切った。

    残り5キロでは、「あと10キロと思って走る」と気丈に語った真央さん。ゴールすると「すごい楽しかったです。自然と涙が出てきちゃう。途中どうなるかと思ったけど、皆さんの応援がパワーになった。

    こういう機会を与えてくれてありがとうございますという気持ちになりました。これからも走り続けられるなと思います」と“真央スマイル”を弾けさせた。

    正式タイムが「4時間34分13秒」と伝えられると、真央さんは「惜しい~」と悔しがるも「自分の今出せるパワーを全部出し切った結果なので、後悔はしていないです」と話した。

    同大会には女優・高梨臨(29)と、ロックバンド・氣志團の綾小路翔(41)も出場し、見事完走する姿も放送された。

    1/13(土) 18:07配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000090-sph-ent

    写真
    no title

    【<元フィギュアスケーターの浅田真央さん>姉・舞の手作りおにぎりの差し入れ振り切って初マラソン完走!】の続きを読む

    CI0003


    1: 2017/04/15(土) 20:41:15.03 ID:CAP_USER9
    現役引退を表明し、引退会見を開いた浅田真央(26)の周辺が騒がしくなってきた。
    日本の女子フィギュア界を牽引し、その明るいキャラクターから多くのファンに愛されてきた真央の現役引退を惜しむ声も多いが、
    「早くも舞台裏では“浅田争奪戦”となっている」(テレビ局関係者)という。

    真央は4月10日に更新した自身のブログ上で、「私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」と突然、現役引退する意思を表明した。
    12日には都内で引退会見を開き、今後はアイスショーに出演するなど「どんな形でも(スケートに)恩返しできる活動をしていきたい」と語った。

    「国民的アスリートだった真央には、これから各社がさまざまな形でオファーすることが予想される。
    すでに水面下では、フジテレビとテレビ朝日がフィギュアスケートの解説者として打診しています。
    この両局が早速、真央の引退特番を放映したのが何よりの誠意となっています」(スポーツ紙記者)

    伊藤みどり(47)や荒川静香(35)らの活躍によって、テレビの人気コンテンツとなったフィギュアスケート。
    その上、来年の2月には韓国・平昌五輪も控えているとあって、国民的な人気選手だった真央の需要は否応なしに高まっているようだ。

    「フジテレビとテレビ朝日は真央獲得のために様々な好条件を提示しているようで、そのひとつが、姉の浅田舞(28)との抱き合わせ起用です。
    浅田舞・真央の姉妹は現在、スポーツマネジメント会社IMGに所属しているが真央の現役引退に伴い、移籍するというのは既定路線。
    タレントとして伸び悩む舞を交渉条件に出すというのもデリカシーがありませんが、冬季五輪は各社とも気合が入る人気コンテンツだけに争奪戦は熾烈です」(前出・記者)

    解説者としてフィギュアスケート界に恩返しをしていくことになりそうな浅田真央。
    平昌五輪のテレビ中継では、元気な姿を目にすることができそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1301221/
    2017.04.15 19:01 デイリーニュースオンライン

    【【フィギュア】浅田真央の”争奪戦”が熾烈に?条件は「姉・舞のデリケートな処遇」】の続きを読む

    AS20160113002187_comm


    1: 2017/01/16(月) 08:38:25.15 ID:CAP_USER9
    NEWS ポストセブン 1/16(月) 7:00配信

     1月2日夕方、初売り客で賑わう東京・表参道。厳しい寒さにもかかわらず、
    アイスをひとつのスプーンを使って舐め合うカップルの姿があった。

     女性はタレントの浅田舞(28)だ。フィギュアスケートの浅田真央(26)の姉である。
    傍らにいるのは身長180センチほどの長身のイケメン。お揃いのライダースジャケットを
    着ていて、親密さが伝わってくる。

     妹・真央は昨年12月の全日本選手権では自己ワーストの12位と低迷。引退の窮地に
    追い込まれている妹とは対照的に、姉のプライベートは“絶好調”だ。

     舞は2012年から交際していたヒップホップユニット「シクラメン」のDEppaと
    結婚間近と伝えられていたが、昨年2月に破局。以来、浮いた噂がなかった舞だが、
    今回のお正月デートのお相手は“アスリート”だった。元体操選手の池谷直樹が主宰の
    『マッスルミュージカル~ふしぎの国のアリス』で共演したバトントワラーの
    渡辺翔史(28)だ。

     2人は舞が初主演を務めた昨年2月の同公演で共演。つまり元カレと別れた直後に
    出会ったわけだ。当時、渡辺は舞の印象について、ブログにこう綴っている。

    〈さすが、アスリートという姿勢が素晴らしいなという初日の印象です(中略)
    同じ88年生まれなので、いろんなお話が出来て、たくさん吸収させてもらいたいなぁー〉

     2人の姿は昨年末、浅田姉妹行きつけの都内の焼肉店でも目撃されている。

    「舞ちゃんはよく見かけますよ。普段は個室を利用してるんだけど、あの日は混んでいて、
    人目に触れるテーブル席に通されていましたが、そんなのお構いなしでイチャイチャ。
    舞ちゃんはカレを見せびらかしたくて仕方なかったのかも」(居合わせた常連客)

     舞の事務所に話を聞いた。

    「プライベートは本人に任せております。渡辺さんは共演を通じて仲良くさせて
    いただいている友人の一人です。その日は共通のお友達が留学に行くため、
    何人かのお友達と一緒にプレゼントを買いに行ったと聞いております」

     恋のトリプルアクセルの着氷は決まるのか──。

    ※週刊ポスト2017年1月27日号

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170116-00000003-pseven-ent
    https://pbs.twimg.com/media/C2P4owQVQAMK88K.jpg

    【【フィギュア】浅田舞 アイス舐めデートのお相手は28歳バトントワラー】の続きを読む

    このページのトップヘ