フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    樋口新葉

    DZAq_DfVwAAYp1E




    1: 2018/03/24(土) 06:32:04.75 ID:CAP_USER9
    <フィギュアスケート:世界選手権>◇23日(日本時間24日)◇ミラノ◇女子フリー

     SP8位の樋口新葉(17=東京・日本橋女学館高)はフリー145・01点、合計210・90点で2位に入った。

     SP3位の宮原知子(19=関大)は、フリー135・72点、合計210・08点で3位だった。

     SP4位のケイトリン・オズモンド(22=カナダ)がフリー150・50点、合計223・23点で優勝した。

     SP2位の女王アリーナ・ザギトワ(15=ロシア)は、3度のジャンプで転倒し同128・21点、合計207・72点で5位だった。

     SP首位のカ口リーナ・コストナー(31=イタリア)は同128・61点、合計208・88点で4位だった。

     樋口は冒頭の3回転サルコーは難なく着氷。続く3回転ルッツ-3回転トーループも高さあるジャンプから着氷。後半の4つのジャンプもミスなく着氷。体を大きく使いスピンやステップを刻み演技した。演技後は「ヤッター!」と両手でガッツポーズを見せ涙を見せた。キスアンドクライでも得点発表後に涙を流した。

     宮原は冒頭の3回転ルッツはきれいに着氷。コンビネーションジャンプも着氷。3回転フリップも流れのあるジャンプで着氷。音楽に合わせステップを刻む。後半に入り3連続ジャンプでは最初の3回転ルッツで軸が傾いてジャンプどうにかこらえて着氷した。予定していた3回転サルコーでは、跳ぶ際に勢いなく着氷で転倒した。演技後は笑顔なく声援に応えた。 

     ザギトワは前半はスピンやシーケンスを演技。後半に7つのジャンプ構成だったが、3度のジャンプで転倒した。キスアンドくらいでは、涙を流した。

    3/24(土) 6:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00158401-nksports-spo

    【【フィギュアスケート】<世界選手権>樋口新葉2位、宮原知子3位】の続きを読む

    20180116-00000056-dal-000-3-view



    1: 2018/01/16(火) 14:30:42.81 ID:CAP_USER9
    1/16(火) 14:26配信
    本田真凜、樋口新葉、本郷理華らがチャレンジカップ派遣へ 22年北京五輪へ再出発

     日本スケート連盟は16日、都内で理事会を開催し、国際大会派遣選手を決定した。平昌五輪、世界選手権、四大陸選手権はすでに発表の通り。下部大会ではチャレンジカップ(2月22日開幕・オランダ、ハーグ)に、五輪代表選考で涙をのんだ樋口新葉(17)=日本橋女学館高=、本田真凜(16)=関大高=、本郷理華(21)=邦和スポーツランド=らの派遣が決まった。22年北京五輪への再出発となる。

     またクープドプランタン(3月16日開幕・ルクセンブルク、コッケルシュニエール)には、女子で五輪代表の坂本花織(17)=シスメックス=のほか、三原舞依(18)=シスメックス=、白岩優奈(16)=関大KFSC=、男子では友野一希(19)=同大=、山本草太(18)=愛知みずほ大瑞穂高=らを派遣する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000056-dal-spo

    【【フィギュア】本田真凜、樋口新葉、本郷理華らがチャレンジカップ派遣へ 22年北京五輪へ再出発】の続きを読む

    このページのトップヘ