フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    友野一希

    DZDwX2EVoAAoQcb




    1: 2018/03/24(土) 22:08:20.26 ID:CAP_USER9
    ◆フィギュアスケート世界選手権 最終日(24日、イタリア・ミラノ)

     男子フリーが行われ、宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=はフリー179.51点、合計273.77点で2大会連続銀メダルだった。また、友野一希(19)=同大=は自己ベストを大きく更新するフリー173.50点、合計236.66点で5位に入り、日本勢上位2人の合計順位点が13点以内となり、来年埼玉で行われる世界選手権での「3」枠を確保した。優勝はネイサン・チェン(18)=米国=で統計321.40点、平昌五輪の悔しさを晴らす世界選手権初Vとなった

     男子フリーが行われ、宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=はフリー179.51点、合計273.77点で2大会連続銀メダルだった。また、友野一希(19)=同大=は自己ベストを大きく更新するフリー173.50点、合計236.66点で5位に入り、日本勢上位2人の合計順位点が13点以内となり、来年埼玉で行われる世界選手権での「3」枠を確保した。優勝はネイサン・チェン(18)=米国=で統計321.40点、平昌五輪の悔しさを晴らす世界選手権初Vとなった。

     平昌五輪銀メダルの宇野は、現地入りしてから右足甲を負傷した影響でショートプログラム(SP)5位と出遅れた。フリーでも冒頭の4回転ループなどで転倒したが、後半のコンビネーションジャンプを成功させるなど、痛みに耐えて踏ん張った。

     右足首故障で欠場した羽生結弦(23)=ANA=に代わり、初の世界選手権出場となったシニア1年目の友野は、自己ベストを大きく更新。日本の3枠獲得に大きく貢献した。

     田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=は合計236.66点だった。

     現地時間で前日の23日(日本時間24日早朝)に行われた女子では、樋口新葉(17)=東京・日本橋女学館高=が銀メダル、宮原知子(19)=関大=が銅メダルを獲得しており、地元開催となる来年の世界選手権で男女とも「3」枠を確保した。

     樋口と宮原は、男子フリーをスタンドから観戦。2人は日の丸の小旗を手にして日本勢男子に「がんばれー」と声援を送り、友野の演技の後にはスタンディングオベーションで健闘を称えていた。

    フィギュアスケート世界選手権出場枠

     来年の出場枠は今大会の順位点によって決定。1位~15位までは順位がそのまま得点になり、16~24位は16点、25位以下は18点。日本が最大の3枠を得るには、3人のうち上位2人の合計が13点以内が条件。14~28点なら2枠、29点以上だと1枠となる。

    3/24(土) 22:04配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00010005-spht-spo

    写真
    no title

    【【フィギュアスケート】<宇野昌磨>2大会連続銀メダル!負傷痛み耐えた! 友野が自己ベスト躍進5位で男子も来年3枠確保】の続きを読む

    EBevyglk




    1: 2017/11/11(土) 21:24:37.51 ID:CAP_USER9
    友野7位、佐藤11位 羽生欠場の日本勢、男女17年ぶり優勝逃す NHK杯男子フリー
    11/11(土) 21:18配信

    ◇フィギュアスケートGPシリーズ第4戦NHK杯第2日・男子フリー

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は11日、男子シングルのフリーが行われ、
    日本勢はショートプログラム(SP)で6位につけた友野一希(19=同大)がフリーで152.05点をマークし、
    合計で自己ベストを更新する231.93点の7位、
    SP10位の佐藤洸彬(21=岩手大)は123.25点の合計199.20点で11位だった。

    優勝は合計271.12点のセルゲイ・ボロノフ(ロシア)。2位がアダム・リッポン(米国)で261・99点。
    3連覇が懸っていた羽生結弦(22=ANA)が負傷欠場した日本勢は09年以来、8年ぶりに優勝を逃した。
    男女ともに優勝者が出なかったのは00年以来、17年ぶりとなった。

    SP6位の友野は2度の4回転ジャンプで着氷が乱れたが、合計で自己ベストを6.63点更新した。
    SP10位の佐藤はジャンプの着氷がなかなか決まらなかったものの合計で自己ベストを
    14.42点更新する199.20点だった。

    11/11(土) 21:18配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000161-spnannex-spo

    1位 セルゲイ・ボロノフ  ロシア 271.12
    2位 アダム・リッポン  米国 261.99
    3位 オレクシイ・ビチェンコ  イスラエル 252.07
    4位 ジェイソン・ブラウン  米国 245.95
    5位 キーガン・メッシング  カナダ 235.80
    6位 デニス・ヴァシリエフス  ラトビア 234.80
    7位 友野一希  日本 231.93
    8位 ドミトリー・アリエフ  ロシア 223.45
    9位 ミハル・ブレジナ  チェコ 220.45
    10位 ナム・グエン  カナダ 214.51
    11位 佐藤洸彬  日本 199.20
    https://live-sports.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/8199

    Men - Free Skating
    http://www.isuresults.com/results/season1718/gpjpn2017/data0105.htm
    http://www.isuresults.com/results/season1718/gpjpn2017/data0190.htm









    【【フィギュアスケート】友野一希7位、佐藤洸彬11位ともに自己ベスト 優勝はセルゲイ・ボロノフ GPS・NHK杯男子FS】の続きを読む

    4-61-250x198


    1: 2017/03/16(木) 23:30:33.99 ID:CAP_USER9
    スポーツ報知 3/16(木) 23:28配信

     ◆フィギュアスケート 世界ジュニア選手権 第2日(16日、台湾・台北アリーナ)

     男子フリーが行われ、シニアでも成功例の少ないルッツを含む3本の4回転を成功させた米国のビンセント・ゾウ(16)が179・24点をマークし、258・11点のジュニア世界歴代最高得点でショートプログラム(SP)5位から逆転優勝を飾った。昨年12月ジュニアGPファイナルでドミトリー・アリエフ(ロシア)が記録した240・07点を上回った。「終わった瞬間は幸せの絶頂だった。来年はシニアに上がって五輪に出たい」と興奮気味にまくしたてた。1月の全米選手権で、四大陸選手権を制したネーサン・チェンに次ぐ2位だった米国のホープは平昌五輪イヤーでの飛躍を誓った。

     日本勢はSP14位の友野一希(18)=大阪・浪速高=は143・16点、合計211・28点で9位に入った。SP12位の島田高志郎(15)=岡山・就実中=は125・33点、194・10点で14位。合計順位は「28」以内で来年大会の2枠を確保した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000241-sph-spo

    【【フィギュア】ゾウが世界歴代最高得点で逆転優勝、友野が9位 世界ジュニア選手権】の続きを読む

    このページのトップヘ