フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    イケメン

    C8VGrozUIAQPDMI


    1: 2017/04/01(土) 23:12:49.29 ID:CAP_USER9
     「フィギュアスケート・世界選手権」(1日、ヘルシンキ)

     男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位発進の羽生結弦(22)=ANA=がフリーの世界歴代最高得点を更新する223・20点、合計321・59点で、3季ぶり2度目の王座奪還を果たした。SP2位の宇野昌磨(19)=中京大=はフリー初の200点超えとなる214・45点、合計でも初の300点超えで、羽生が持つ歴代最高記録(330・43点)に次ぐ世界歴代2位の319・31点をマークし、2位となった。

     試合後のプレスカンファレンスでは、羽生に「若手選手に追いかけられる立場として」という質問が飛んだ。しかし、羽生は首を振りながら答えた。

     「追いかけられる立場とよく言われるけど、SPで分かったように、まだまだ追いかける背中がたくさんある。パトリック(チャン)やハビエル(フェルナンデス)はフリーで順位を下げてしまったけど、SP1位はハビエルだったし、3位はパトリックだった」と存在感を示した2人の年上選手に敬意を表した。そして「もちろん宇野選手、ボーヤン選手、ネイサン選手という若い選手にもたくさん強い選手がいて、それぞれが僕にないもの、長所を持っている。すべてが僕にとって、追いかける背中です」と、キッパリ。年上、年下関係なく、すべてのライバルたちをリスペクトして、自らの進化の糧へとしていく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000190-dal-spo

    【【フィギュア】羽生結弦、ベテランも若手も「すべて僕にとって追いかける背中」】の続きを読む

    このページのトップヘ