フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    全日本

    DRpkQsVU8AEoLUM


    1: 2017/12/22(金) 21:00:39.11 ID:CAP_USER9
    羽生欠場の男子SP、宇野が首位発進 田中2位で第三の男に浮上/フィギュア
    12/22(金) 20:56配信

    フィギュアスケート・全日本選手権第2日(22日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)
    平昌五輪代表最終選考会を兼ねて行われ、3枠の代表を争う男子のショートプログラム(SP)で、
    連覇を狙う宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が96・83点で首位発進した。
    田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=が91・34点で2位、
    無良崇人(26)=洋菓子のヒロタ=が85・53点で3位につけた。
    ソチ五輪金メダルの羽生結弦(23)=ANA=は右足首のけがからの回復が間に合わず欠場したが、
    世界ランキング1位などの実績があり、選考基準で代表入りは確実となっている。フリーは24日に行われる。

    結果以上に内容が問われる一戦だった。ソチ五輪代表選考会だった2013年の全日本選手権フリー。
    宇野は羽生や引退した高橋大輔、町田樹、小塚崇彦、織田信成と同じ最終グループで滑り、
    激しい代表争いを肌で感じた。あれから4年。17日に20歳になったばかりの若武者が、
    絶対王者不在の大舞台で存在感を示した。冒頭の4回転フリップではGOE(出来栄え点)で加点を引き出した。
    4回転-3回転の連続トーループは後半が1回転にとどまったが、続くトリプルアクセル
    (3回転半ジャンプ)は成功。スピンとステップは最高難度のレベル4を獲得した。

    10月に左脚を肉離れ、11月のフランス杯直前にはインフルエンザを発症。
    11月下旬まで満足な練習を積めず、2週間前のグランプリ(GP)ファイナルで
    取りこぼしが目立ち2位に終わったが、今年を締めくくる大会で本領を発揮した。

    3シーズンを対象とした世界ランク、今季の世界ランクと合計得点でいずれも3番手の田中は、
    冒頭の4回転サルコーを成功させ勢いに乗ると、続くフリップ-トーループの2連続3回転も決めた。
    後半のトリプルアクセルも無難にまとめ左手に力を込めた。
    宇野と欠場した羽生がこれまでの実績で代表入りが確実。納得の舞いで混戦模様の第三の男に浮上した。

    12/22(金) 20:56配信 サンケイスポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000581-sanspo-spo

    1位 宇野昌磨 トヨタ自動車 96.83
    2位 田中刑事 倉敷芸術科学大 91.34
    3位 無良崇人 洋菓子のヒロタ 85.53
    4位 村上大介 陽進堂 80.99
    5位 友野一希 同志社大 78.16
    (以下省略)
    https://live-sports.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/8269

    男子Short Program
    http://www.jsfresults.com/National/2017-2018/fs_j/nationalsenior/data0103.htm
    http://www.jsfresults.com/National/2017-2018/fs_j/nationalsenior/data0190.htm



    【【フィギュアスケート】宇野昌磨が首位発進 田中刑事2位、無良崇人3位、村上大介4位 全日本選手権・男子SP】の続きを読む

    1: 2017/12/22(金) 10:31:22.09 ID:CAP_USER9
    12/22(金) 10:23配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000090-sph-ent
    画像 演技終了後、笑顔を見せる坂本花織
    no title

     21日に放送されたフジテレビ系「全日本フィギュアスケート選手権2017 
    女子ショートプログラム」(後6時半)の平均視聴率は10・6%を記録したことが22日、分かった。

     瞬間最高は午後8時54、55分の2か所で、17・9%の高視聴率をマーク。
    最終滑走の本田真凜(16)=大阪・関大高=がピアノ曲「ザ・ギビング」に乗せ、演技を披露する場面だった。

     女子SPは坂本花織(17)=シスメックス=が国際スケート連盟(ISU)非公認ながら
    自己ベストを4・19点上回る73・59点をマークし首位発進。
    4連覇が懸かる宮原知子(19)=関大=は73・23点で2位。真凜は66・65点の6位と出遅れた。。
    平昌五輪代表2枠をかけら女子フリーは23日に行われる。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    【【全日本フィギュア女子SP】坂本首位の中継、視聴率は平均10・6% 最終滑走・本田真凜で瞬間最高17・9%】の続きを読む

    このページのトップヘ