フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    本田真凜

    3ddb7a5a




    1: 2018/04/06(金) 11:09:59.80 ID:CAP_USER9
    4/5(木) 5:06配信
    yahoo!ニュース スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000022-sph-spo

     フィギュアスケートで2016年世界ジュニア選手権女王のホープ本田真凜(16)が3月まで在学した大阪・関大高から青森山田高に転校したことが4日、関係者への取材で分かった。
    4年後の北京冬季五輪出場を目指しており、4月からは練習拠点を米国に移すことを既に表明していた。

     本田はシニアに本格的に参戦した今季、精彩を欠き、平昌五輪出場を逃した。
    浜田美栄コーチの下を離れ、10年バンクーバー五輪女子銀メダルの浅田真央さんを指導した経験があり、3月の世界選手権男子で初優勝したネーサン・チェン(米国)を教えるラファエル・アルトゥニアン・コーチに師事する。

    【【フィギュア】本田真凜ちゃん、青森山田高に転校 練習拠点を米国に移す】の続きを読む

    20180116-00000056-dal-000-3-view



    1: 2018/01/16(火) 14:30:42.81 ID:CAP_USER9
    1/16(火) 14:26配信
    本田真凜、樋口新葉、本郷理華らがチャレンジカップ派遣へ 22年北京五輪へ再出発

     日本スケート連盟は16日、都内で理事会を開催し、国際大会派遣選手を決定した。平昌五輪、世界選手権、四大陸選手権はすでに発表の通り。下部大会ではチャレンジカップ(2月22日開幕・オランダ、ハーグ)に、五輪代表選考で涙をのんだ樋口新葉(17)=日本橋女学館高=、本田真凜(16)=関大高=、本郷理華(21)=邦和スポーツランド=らの派遣が決まった。22年北京五輪への再出発となる。

     またクープドプランタン(3月16日開幕・ルクセンブルク、コッケルシュニエール)には、女子で五輪代表の坂本花織(17)=シスメックス=のほか、三原舞依(18)=シスメックス=、白岩優奈(16)=関大KFSC=、男子では友野一希(19)=同大=、山本草太(18)=愛知みずほ大瑞穂高=らを派遣する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000056-dal-spo

    【【フィギュア】本田真凜、樋口新葉、本郷理華らがチャレンジカップ派遣へ 22年北京五輪へ再出発】の続きを読む

    1: 2018/01/04(木) 14:08:40.26 ID:CAP_USER9
     フィギュアスケーターとしても活躍する女優の本田望結(13)、紗来(10)姉妹が4日、東京スカイツリータウンのアイススケートリンク(4日~3月11日)のPRイベントに出演した。

     振り付け、選曲(映画「アラジン」のテーマ)、衣装選びを望結自らが担当したというプログラムで、見事に息の合ったスケーティングを披露し、観客を魅了した本田姉妹。望結は「紗来も『こんなふうにしたら?』って提案してくれて、大きくなったなぁって」。紗来は「望結お姉ちゃんと滑れてうれしかった」と氷上に映える笑顔を見せた。

     さらに上の姉・真凛(16)が昨年末の全日本選手権で7位となり、平昌五輪の代表切符を逃したが、望結は「お姉ちゃんの夢は兄妹(5人兄妹)の夢でもあるので、(これからの)4年間を力を合わせる時間にしたいです。家族みんなで一から力を合わせていきたいです」とエール。紗来も「真凛お姉ちゃんと戦うのが夢なので、いつかはライバルと思ってもらえるようにしたいです」と話していた。

     女優業が多忙になりつつある望結は「スケートとお芝居で中途半端になってしまっていて、二足のわらじで二刀流が出来ていないので、今年は1番になるために頑張りたいです」と今後について語っていた。

    https://news.infoseek.co.jp/article/20180104hochi186/
    息の合ったスケーティングを披露した本田望結(左)と紗来
    no title

    【【フィギュア】本田望結、五輪落選の姉・真凛にエール「家族みんなで一から力を合わせていきたい」】の続きを読む

    1: 2017/12/29(金) 12:03:04.97 ID:CAP_USER9
    12/29(金) 6:02配信
    本田真凜の五輪目指した1265日に密着 大みそかに放送

    本田真凜が五輪を目指した3年半を追ったドキュメンタリーが放送される

     カンテレは28日、平昌五輪出場を目指して戦った、フィギュアスケート選手の本田真凜(16)に2014年から3年半にわたって密着したドキュメンタリー「本田真凜 涙の奥に~夢追う軌跡に密着1265日~」(関西ローカル、12月31日、午前10・00)を放送すると発表した。

     女優でフィギュアスケート選手の妹・本田望結(13)ら家族も出演。五輪代表を目指した真凜が、今年初めて行った1カ月の海外合宿など1265日を追った。最終決戦となった全日本フィギュア女子フリーの演技後「私の夢はオリンピックなので、その夢を叶えるまでは、また頑張り直したい」と涙を流した、その涙の奥にある「想い」も明かされる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00000010-dal-ent
    20171229-00000010-dal-000-2-view


    【【フィギュア】≪本田真凜≫の五輪目指した1265日に密着 大みそかに放送】の続きを読む

    このページのトップヘ