フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    本郷理華

    20180116-00000056-dal-000-3-view



    1: 2018/01/16(火) 14:30:42.81 ID:CAP_USER9
    1/16(火) 14:26配信
    本田真凜、樋口新葉、本郷理華らがチャレンジカップ派遣へ 22年北京五輪へ再出発

     日本スケート連盟は16日、都内で理事会を開催し、国際大会派遣選手を決定した。平昌五輪、世界選手権、四大陸選手権はすでに発表の通り。下部大会ではチャレンジカップ(2月22日開幕・オランダ、ハーグ)に、五輪代表選考で涙をのんだ樋口新葉(17)=日本橋女学館高=、本田真凜(16)=関大高=、本郷理華(21)=邦和スポーツランド=らの派遣が決まった。22年北京五輪への再出発となる。

     またクープドプランタン(3月16日開幕・ルクセンブルク、コッケルシュニエール)には、女子で五輪代表の坂本花織(17)=シスメックス=のほか、三原舞依(18)=シスメックス=、白岩優奈(16)=関大KFSC=、男子では友野一希(19)=同大=、山本草太(18)=愛知みずほ大瑞穂高=らを派遣する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000056-dal-spo

    【【フィギュア】本田真凜、樋口新葉、本郷理華らがチャレンジカップ派遣へ 22年北京五輪へ再出発】の続きを読む

    DOQg-MKVwAEMi-O



    1: 2017/11/10(金) 17:47:32.72 ID:CAP_USER9
    NHK杯 本郷がSP4位発進 11か月ぶり復帰の宮原6位、白岩8位
    11/10(金) 17:43配信

    ◇フィギュアスケート GPシリーズ第4戦NHK杯(2017年11月10日 大阪市中央体育館)

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯が10日、大阪市中央体育館で行われ、
    女子ショートプログラム(SP)で日本の宮原知子(19=関大)は65・05点で6位だった。
    本郷理華(21=邦和スポーツランド)が日本人トップの4位、白岩優奈(15=関大KFSC)は8位だった。

    2月上旬に左股関節の疲労骨折を明かし、今回が約11カ月ぶりの実戦となった宮原は
    ジャンプの回転数を変更するなど本領発揮とはならず得点が伸びなかった。

    スケートカナダ6位からの巻き返しを期す本郷理華(21=邦和スポーツランド)は65・83点で日本人トップの4位、
    今大会がGPデビューの白岩は今季自己最高の57・34点の8位でフリーに向かう。

    世界選手権2連覇中のメドベージェワ(17=ロシア)が首位で発進した。

    11/10(金) 17:43配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000146-spnannex-spo
    フィギュアスケート:NHK杯・女子SP
    https://live-sports.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/8196

    1. Evgenia MEDVEDEVA  RUS  79.99
    2. Carolina KOSTNER  ITA  74.57
    3. Polina TSURSKAYA  RUS  70.04
    4. Rika HONGO  JPN  65.83
    5. Mirai NAGASU  USA  65.17
    6. Satoko MIYAHARA  JPN  65.05
    7. Alena LEONOVA  RUS  63.61
    8. Yuna SHIRAIWA  JPN  57.34
    9. Mariah BELL  USA  57.25
    10. Nicole RAJICOVA  SVK  53.36
    11. Soyoun PARK  KOR  51.54
    12. Alaine CHARTRAND  CAN  49.60
    http://www.isuresults.com/results/season1718/gpjpn2017/data0203.htm

    【【フィギュアスケート】本郷理華4位、宮原知子6位、白岩優奈8位 メドベージェワが首位発進 NHK杯女子SP】の続きを読む

    1: 2017/10/28(土) 17:01:16.40 ID:CAP_USER9
    真凜 厳しいGPデビュー、ジャンプ2度失敗 SP10位

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは27日
    (日本時間28日未明)、レジャイナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で
    本田真凜(16=関大高)は2度のジャンプ失敗があり、52・60点で10位だった。

    本田は最初の3回転連続ジャンプで尻餅をつき、GPシリーズデビュー戦は厳しい幕開けとなった。
    本郷理華(21=邦和スポーツランド)は61・60点で6位。
    ケイトリン・オズモンド(カナダ)が76・06点で首位発進した。
    フリーは28日(日本時間29日)に行われる。
    [ 2017年10月28日 05:31 ]

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/10/28/kiji/20171028s00079000103000c.html

    1 Kaetlyn OSMOND  CAN  76.06
    2 Anna POGORILAYA  RUS  69.05
    3 Maria SOTSKOVA  RUS  66.10
    4 Courtney HICKS  USA  64.06
    5 Karen CHEN  USA  61.77
    6 Rika HONGO  JPN  61.60
    7 Ashley WAGNER  USA  61.57
    8 Laurine LECAVELIER  FRA  59.08
    9 Kailani CRAINE  AUS  54.96
    10 Marin HONDA  JPN  52.60
    11 Alaine CHARTRAND  CAN  46.51
    12 Larkyn AUSTMAN  CAN  41.79
    http://www.isuresults.com/results/season1718/gpcan2017/SEG003.HTM
    http://www.isuresults.com/results/season1718/gpcan2017/gpcan2017_Ladies_SP_Scores.pdf
    DNOk_lYVwAAwSBB


    DNOyC73VoAYV0C-










    【【フィギュアスケート】本郷理華は6位、本田真凜10位、ケイトリン・オズモンドが首位発進 GPSスケートカナダ女子SP[10/28]】の続きを読む

    このページのトップヘ