フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    浅田真央

    1: 2018/01/13(土) 18:12:19.47 ID:CAP_USER9
    TBS系「第45回JALホノルルマラソン」(後4時)が13日放送され、元フィギュアスケーターの浅田真央さん(27)が初フルマラソンに挑む姿に密着した。

    真央さんは初めてフルマラソンを走るにあたり、2017年10月から3か月で400キロを走り込むなどの練習を重ねてきたという。

    「新しいことに挑戦したい」とホノルルマラソンに挑戦することを決めた真央さんは、「4時間半を切りたい」と意気込みを見せた。

    スタートしてから20キロ地点までは、「沿道やランナーの声援が力になる」と笑顔を見せていた真央さんだったが、30キロ付近で雨が降り出すと、「ちょっときついけど、逆に涼しくしてくれる」と語った。

    その後、フィギュアスケーター時代に痛めた左膝が痛み出し苦悶の表情を浮かべるも、姉でタレント・浅田舞(29)が応援に駆けつけると再び笑顔に。しかし、沿道から舞が手作りおにぎりを差し入れようとしたが、それは振り切った。

    残り5キロでは、「あと10キロと思って走る」と気丈に語った真央さん。ゴールすると「すごい楽しかったです。自然と涙が出てきちゃう。途中どうなるかと思ったけど、皆さんの応援がパワーになった。

    こういう機会を与えてくれてありがとうございますという気持ちになりました。これからも走り続けられるなと思います」と“真央スマイル”を弾けさせた。

    正式タイムが「4時間34分13秒」と伝えられると、真央さんは「惜しい~」と悔しがるも「自分の今出せるパワーを全部出し切った結果なので、後悔はしていないです」と話した。

    同大会には女優・高梨臨(29)と、ロックバンド・氣志團の綾小路翔(41)も出場し、見事完走する姿も放送された。

    1/13(土) 18:07配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000090-sph-ent

    写真
    no title

    【<元フィギュアスケーターの浅田真央さん>姉・舞の手作りおにぎりの差し入れ振り切って初マラソン完走!】の続きを読む

    DRkycGYUEAAOXst



    1: 2017/12/24(日) 14:14:15.79 ID:CAP_USER9
    本田真凜は本当に「ポスト浅田真央」なのか?
    五輪出場に黄信号

    ■日本のスポーツ報道のおじさんくささ

    「オリンピックに向けて本田真凜選手を取り上げたいのですが、彼女について教えていただけませんか?」

     今シーズン初めから、そんな問い合わせは今シーズン初めから、著者のところでも相次いでいた。それは彼女がグランプリシリーズ初戦、スケートカナダで5位に終わった後くらいまで続く。

    「真凛ちゃん、オリンピックではどのくらいまで行けるでしょうか?」

     そんな質問も、実に多く受けた。本田真凜はご覧のように、美しく、華のある選手だ。しかしオリンピックへの展望となると、今年の日本女子の出場枠は、2枠。まず出場できるかどうかがわからないですよ、と話すと、驚く人も多い。

    「でも、シニアに上がってすぐの大きな国際大会で優勝したんですよね? オリンピックのメダルもあるんじゃないでしょうか?」

     フィギュアスケートも、すっかり人気スポーツになった。小さな試合でも、アイスショーでも、どんどんテレビで放送され、たくさんの人々の耳目に触れる。しかし注目を集めるためだけの宣伝、報道も多いのだろう。
    試合の規模や価値、選手の実力など、一般の視聴者に勘違いされるような広まり方をするケースも少なくないようだ。

     本田真凜のシニアデビュー戦、USインターナショナルクラシックでの優勝は、素晴らしい成績だ。しかし同大会はグランプリ開幕前の、チャレンジャーシリーズの一戦でしかなく、トップレベルの選手が集結しているわけではない。
    長洲未来、カレン・チェンなどアメリカの五輪代表を狙う選手も出場していたが、トップ選手たちはシーズン初戦から全力では向かわない。シニア一年目の本田が優勝できたとしても、それで即、オリンピックでの好成績を期待できるわけではないのだ。

     むしろこのころひそかに注目されたのは、USインターナショナルクラシックと同じ週に開催された、ロンバルディアトロフィーだ。ここで日本の樋口新葉が、順位は2位ながら総合得点で200点を軽々超えるスコア(217.63)を上げていたことのほうに、
    関係者は目を見張った。この時点では、前年世界選手権5位の三原舞依が五輪候補筆頭、そのあとに樋口か、本田か、というあたりが大方の予想だったから、シーズン初戦とはいえ、樋口がここまでのスコアを出したことは大きかった。

     本田のほうは順位は首位だったものの、得点は198.42。ジュニアでは世界チャンピオンになったものの、シニアでの本田の評価はあまり高くないかもしれない、と、五輪出場に既に黄信号が灯っていたのだ。

     それでも報道では、本田真凜優勝のほうが大きく扱われ、現場を直接取材していないワイドショー、週刊誌などのメディアでは「五輪でも活躍を期待!」と報じることになってしまう。

     昨シーズンあたりから、本田真凜の扱われ方は少し異常だった。華があり、妹の本田望結が女優として活躍していることもあり、ジュニアのころから「ポスト真央」として期待されてはいた。
    それが昨年春(2016)、日本人として6年ぶりの世界ジュニアチャンピオンになったころから、ジュニア選手としては大きすぎるほどの注目を浴びるようになる。

     昨夏のアイスショー、シニアの宇野昌磨や宮原知子が出演しているにもかかわらず、新聞で一枚だけ取り上げられた写真が本田真凜だったことがある。大きく扱うべき選手のランキングとして、浅田真央、羽生結弦の次に本田が位置している、というのだ。

     同年冬、浅田真央が調子を上げられず、全日本で12位。今年の春には引退を発表する、その流れの中で、浅田に代わる女子のスターとして、本田のポジションは飛躍的に高まってしまった。

    >>2-5あたりに続く)

    現代ビジネス 2017.12.23 フリーライター・青嶋ひろの
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53938 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53938?page=2
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53938?page=3 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53938?page=4

    【[フィギュア]本田真凜は本当に「ポスト真央」なのか? 日本選手の中で突出した実力者ではない 日本のスポーツ報道は実力よりスター性優先】の続きを読む

    DP9Ibq0U8AAHt06



    1: 2017/12/06(水) 21:52:35.84 ID:CAP_USER9
    浅田真央、着物の着こなしが「大女優」「姐さん」と話題に
    2017.12.06 19:50
    https://abematimes.com/posts/3352107?categoryIds=235367

    元・フィギュア女子の浅田真央が12月6日、珍しい着物での立ち姿を披露。
    その姿を見たネット上のファンからは、彼女の着物美人ぶりを称賛する声や、その堂々とした“姐さん感”を指摘する声が数多く寄せられている。

     これは同日、浅田が自身の公式インスタグラムに投稿したもので、この中で彼女は、「菊池寛賞 Number MVP特別賞の表彰がありました Number12月20日発売です」と、
    自身が参加した雑誌『Number』の表彰式について報告すると、その際に身に着けていたと思しき、美しい着物を身に着けての立ち姿を披露。

     その姿を画像で見たネット上のファンからは、瞬く間に8000件を超える「いいね!」が寄せられたほか、
    「なんと!お美しい(ハート)」「真央さん。お着物お似合いです(ハート)」「真央ちゃん可愛い(ハート)」
    「真央ちゃんとても美しい着物姿!」「かっこいい!姐さん!」「真央ちゃんの着物姿はいつも素敵」
    「本当にもう言葉にならないくらい美しいです(ハート)見とれてしまいます」「大女優かと思った」「真央ちゃん美しい~」
    と、その“着物美人”ぶりを絶賛する声が相次ぐこととなった。

    また、こうした声に加え、
    「女優さんのような風格、素敵です!渋い色合いの着物も似合うんですね!」「渋い着物も着こなせて、いつの間にかもうすっかり大人になられたのですね」
    「本当にこの渋いえび茶のお召し物似合ってますよ!!真央さんは原色よりも日本古来の自然に沿った色が本当によく似合う!!」と、
    若いながらも、渋めの色合いの着物を着こなすことができる彼女の、“大人の女性としての魅力”を評価し、称賛するファンも。

     先ごろ、来年から自身の新プロジェクトがスタートすることを発表し、ますます注目が集まる浅田。今後も大人になった彼女のさらなる飛躍に、多くのファンからの期待と注目が寄せられることとなりそうだ。
    https://www.instagram.com/p/BcWeX9Rg464/

    【【フィギュアスケート】浅田真央、着物の着こなしが「大女優」「姐さん」と話題に】の続きを読む

    1: 2017/09/20(水) 16:28:30.09 ID:CAP_USER9
     4月に引退を表明した浅田真央さん(26)が公式インスタグラムを開設したことを、
    自身の公式サイトで発表した。

     アカウントは@maoasada2509。
     「公式Instagram始めました」と花の画像を3枚アップした第1号の投稿には
    フォロワーから「ずぅーと応援してます」「嬉しすぎます 投稿楽しみにしてますっ!!」
    「真央ちゃんにコメントできるなんて嬉しすぎて!」とコメントが殺到している。

     2枚目の投稿では現在、開催中の浅田真央展(東京・日本橋高島屋、9月13日~25日)の
    自身のボードの前で撮影した写真をメーンに、姉・舞さんとのツーショットも披露していた。

     公式インスタの開設にいいねは2000件、200件以上のコメントが寄せられていた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000137-sph-spo
    公式インスタグラム(maoasada2509)より
    no title
    浅田真央公式インスタ


    【【フィギュアスケート】浅田真央さん「インスタグラム始めました!」】の続きを読む

    浅田真央×ラジオノワ×メドべ-600x400


    1: 2017/08/25(金) 18:59:45.24 ID:CAP_USER9
    いよいよ迫ってくるフィギュアスケートの平昌五輪シーズン。各選手がどんなプログラムを組むのかに注目が集まるが、ファンの間では浅田真央がバンクーバー五輪で惜しくも銀メダルとなったFS曲「鐘」での感動が、今なお語り継がれている。

    「あのFSは、当時の最高難度の技術がつまった、浅田でさえ完成に苦労した演目でした。SPで『007』を演じたキム・ヨナは“指をならすところで休憩できるんです”などと語りスケートファンの失笑を買いましたが、その意味では次々と技が繰り出される浅田のプログラムには、どこで息をついでいるのだろうと思いたくなるような、技の連続で創り上げられた作品でした」(週刊誌記者)

     才能ある浅田に、タラソワコーチが自分の理想のすべてを込め、浅田にしか滑れない演目を作ったのだ。だが、そんなタラソワコーチが平昌五輪シーズンのある選手の新プログラムを絶賛したという。

    「それは、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手の新しいFSのプログラムです。見学に招かれたタラソワコーチは『とても、とても、とても気に入った』と語り、これまでのものとは違う完全に新しいものだと大絶賛したといいます」(スポーツライター)

     その完璧な演技から、向かうところ敵なしのメドベージェワ選手。SPはショパンの「ノクターンNo.20」、FSはジョージ・ウィンストンの「January Stars」とマックス・リヒターの「Departure (Lullaby)」「Dona Nobis Pacem 」の組み合わせだという。

    「あのタラソワコーチが絶賛するのですから、五輪に向けてかなり攻めた高難度なプログラム構成だということでしょう。タラソワコーチは優秀な選手が難しい技を駆使したプログラムを滑るのが大好きですし、選手が進化しないことを嫌います。ソチ五輪のキム・ヨナの演目を見て『彼女は何も変わっていない』と言ったように、進歩のない内容構成で滑ることに批判的なのです。そう考えると、今シーズンのメドベージェワ選手の果敢に新しい挑戦をしていく姿勢を絶賛したということなのでしょう」(前出・スポーツライター)

     メドベージェワ選手の新演目は、浅田の『鐘』をもしのぐ傑作となりえるのか。シーズン開幕が待ち遠しい。

    http://asajo.jp/excerpt/35306

    【【フィギュアスケート】浅田真央の最高傑作「鐘」をしのぐか?メドベージェワの新プログラム】の続きを読む

    このページのトップヘ