フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    練習

    5srPo-ve



    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦フランス杯で2位だった宇野昌磨(19=トヨタ自動車)が21日、中部国際空港に帰国した。取材では、「練習に励みたいと強く思っています」、「今の心境としては、帰って早く練習をしたい」と練習場直行への意欲を見せるなど、「練習」の2文字を連発した。

     フランス杯は大会前にインフルエンザにかかったことも影響して、ジャンプに精彩を欠いた。進出を決めた地元名古屋市開催のGPファイナル(12月7日)に向けて「何かが悪かったと言うより、練習を積み重ねて、自分が満足いくパフォーマンスができるように、短期間だけどいい練習をしたいと思います」と復調を誓った。


    参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000101-spnannex-spo



    【宇野昌磨くん「練習したい」連発…空港から練習場直行に意欲!】の続きを読む

    1: 2017/10/29(日) 10:27:56.52 ID:CAP_USER9
    <フィギュアスケート:GP第2戦スケートカナダ>◇28日(日本時間29日)◇レジャイナ◇女子フリー

     ショートプログラム(SP)で10位と出遅れた本田真凜(16=大阪・関大高)がフリー125・64点の合計178・24点で5位に入った。
    1番滑走で今季の新プログラム「トゥーランドット」を披露。冒頭の3回転ルッツ成功で流れに乗ると、大きなミス無く演技をこなした。

     終了間際には地元カナダのファンから歓声が上がり、最後はスタンディングオベーション。前日27日のSPは52・60点と振るわず
    「本当に情けない演技をしてしまった」と振り返ったが、一夜明けて「ショート(SP)が悪くても、フリーで自分の演技に集中するっていうのが、
    一番の収穫になった」と笑顔が戻ってきた。

     前日はホテルに戻ってからも、頭の中で失敗を引きずった。「午前中に試合が終わったので、悔しい時間もすごく長くて。
    ちょっと寝ようと思って、起きても起きても、まだ夜で…。どういう演技をすればいいのか、どう切り替えればいいのかを悩みました」。
    この日の午前6時からの練習でも、スイッチの入らない状態だった。フリーへと切り替えられたタイミングは「いつか分からない」。
    それでも「自分で逃げずにしっかりできた」とカナダに爪痕を残した。

     指導する浜田美栄コーチは「(昨日も)むちゃくちゃ怒りました。いつも言っていることですが、なかなか懲りないので。
    私は近所のおばちゃんじゃなくて、コーチなので。アスリートとしては粘着質なところがなさ過ぎて、
    落ち込んでいるように見えても、次の日になったら忘れるタイプなので」と穏やかな笑み。
    5人抜きにも手放しで褒めることはせず「練習が合格点を付けられないので、まずはちゃんと練習してやることを覚えてほしい。
    人間は絶対に失敗をするのに、その後のリカバーをする練習をしないので。だから今日はたまたま頭(冒頭の3回転ルッツ)が
    跳べたから(うまく)いったけれど、本当に自分が選手としてやっていこうと思うなら、失敗したときのリカバー力とか、
    対処は練習でしか学べない」と教え子に訴えた。


    10/29(日) 5:08配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00039470-nksports-spo
    フリースケーティングで表情豊かに演技する本田(撮影・河野匠)
    no title

    【【フィギュア】本田真凜が挽回5位もコーチ辛口「まずは練習してほしい」】の続きを読む

    このページのトップヘ