フィギュアスケートまとめニュース

フィギュアスケートに関するニュースなどをまとめています

    練習

    宮原は、今季初戦となるUSインターナショナル(12~16日、米・ソルトレークシティー)を間近に控えており「楽しみな気持ち」と笑顔だった。

     昨季は左股関節の疲労骨折に苦しみ、体と相談しながら試合に臨むシーズンを送っただけに「このオフシーズンはすごく追い込んで練習ができた」と充実の表情を浮かべた。指導する浜田美栄コーチによると、病院で「完治と言ってもらった」という。昨季までのようなリハビリではなく「強化」として陸上トレーニングを多く取り入れている。

     「まだまだ滑り込まないといけないけれど、できることをその時々で頑張りたい。(五輪翌年で)リセットのシーズン。いろんな新しいことに挑戦したい」と初戦を心待ちにした。

    以下全文


    <みんなの反応>
    今シーズンは清楚で健気な美から脱皮して、切なさや艶っぽさを演技で見せてほしいと期待しています!
    宮原選手ならシニアならではの深みある表現と極上の滑りをしてくれるはず。
    疲労骨折も完治したということで、本当にほっとしました。
    来週のUSインターナショナルクラシックで、良い演技が出来ますように祈っています。

    ヴァシリエフス選手と一緒の写真を見かけていました。
    ランビエールの合宿に行っていたのでしょうか。
    ランビエールさんが褒める宮原選手の「知的なスケーティング」
    とても、とても 楽しみです。
    健康に恵まれて良いシーズンになりますように。

    夏が終わると、はや冬のスポーツのシーズンですね。フィギュアスケート界では、今体操協会で起こっているような問題がなく、
    気持ちよく選手の活躍を見たいものですが…。

    良い練習ができているようで安心しました。
    本当に完治してよかった。
    宮原選手の演技を見るのがすごく楽しみです。

    最近年齢相応の美しさが増してきたし、演技も艶がでできた。次の五輪も出れるといいけどなぁ。応援してます!

    オリンピックのフリーは何度も見てしまうくらい美しいです。
    ジャンプが低い+回転不足
    なのかあまり強い目立つ印象はないですが全日本4連覇の実力派ですからね。今年も楽しみ!

    先のアイスショーでSP、FP、エキシと全て披露していてどれも評判がいいですよね!
    SPは会場で観ましたが、本当に素敵でした〜〜。
    楽しみ!

    少しふっくらしたかな?
    でもスケートのために拒食症になるよりいいですね。

    ケガなく体調も万全で全力が出せますように!
    宮原選手の活躍に期待しています(^^)

    彼女は完璧主義だからジャンプの改善がどうなってるかも注目したい。

    宮原選手を信じて応援するだけですね!
    初戦から楽しみです!
    ピアスもかわいい!



    5srPo-ve



    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦フランス杯で2位だった宇野昌磨(19=トヨタ自動車)が21日、中部国際空港に帰国した。取材では、「練習に励みたいと強く思っています」、「今の心境としては、帰って早く練習をしたい」と練習場直行への意欲を見せるなど、「練習」の2文字を連発した。

     フランス杯は大会前にインフルエンザにかかったことも影響して、ジャンプに精彩を欠いた。進出を決めた地元名古屋市開催のGPファイナル(12月7日)に向けて「何かが悪かったと言うより、練習を積み重ねて、自分が満足いくパフォーマンスができるように、短期間だけどいい練習をしたいと思います」と復調を誓った。


    参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000101-spnannex-spo



    【宇野昌磨くん「練習したい」連発…空港から練習場直行に意欲!】の続きを読む

    1: 2017/10/29(日) 10:27:56.52 ID:CAP_USER9
    <フィギュアスケート:GP第2戦スケートカナダ>◇28日(日本時間29日)◇レジャイナ◇女子フリー

     ショートプログラム(SP)で10位と出遅れた本田真凜(16=大阪・関大高)がフリー125・64点の合計178・24点で5位に入った。
    1番滑走で今季の新プログラム「トゥーランドット」を披露。冒頭の3回転ルッツ成功で流れに乗ると、大きなミス無く演技をこなした。

     終了間際には地元カナダのファンから歓声が上がり、最後はスタンディングオベーション。前日27日のSPは52・60点と振るわず
    「本当に情けない演技をしてしまった」と振り返ったが、一夜明けて「ショート(SP)が悪くても、フリーで自分の演技に集中するっていうのが、
    一番の収穫になった」と笑顔が戻ってきた。

     前日はホテルに戻ってからも、頭の中で失敗を引きずった。「午前中に試合が終わったので、悔しい時間もすごく長くて。
    ちょっと寝ようと思って、起きても起きても、まだ夜で…。どういう演技をすればいいのか、どう切り替えればいいのかを悩みました」。
    この日の午前6時からの練習でも、スイッチの入らない状態だった。フリーへと切り替えられたタイミングは「いつか分からない」。
    それでも「自分で逃げずにしっかりできた」とカナダに爪痕を残した。

     指導する浜田美栄コーチは「(昨日も)むちゃくちゃ怒りました。いつも言っていることですが、なかなか懲りないので。
    私は近所のおばちゃんじゃなくて、コーチなので。アスリートとしては粘着質なところがなさ過ぎて、
    落ち込んでいるように見えても、次の日になったら忘れるタイプなので」と穏やかな笑み。
    5人抜きにも手放しで褒めることはせず「練習が合格点を付けられないので、まずはちゃんと練習してやることを覚えてほしい。
    人間は絶対に失敗をするのに、その後のリカバーをする練習をしないので。だから今日はたまたま頭(冒頭の3回転ルッツ)が
    跳べたから(うまく)いったけれど、本当に自分が選手としてやっていこうと思うなら、失敗したときのリカバー力とか、
    対処は練習でしか学べない」と教え子に訴えた。


    10/29(日) 5:08配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00039470-nksports-spo
    フリースケーティングで表情豊かに演技する本田(撮影・河野匠)
    no title

    【【フィギュア】本田真凜が挽回5位もコーチ辛口「まずは練習してほしい」】の続きを読む

    このページのトップヘ